Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abbreviation
  • Lancet
dbpedia-owl:abstract
  • 『ランセット』(英語:The Lancet)は、週刊で刊行される査読制の医学雑誌である。同誌は世界で最もよく知られ、最も評価の高い世界五大医学雑誌の一つであり、編集室をロンドンとニューヨークに持つ。『ランセット』は1823年にイギリスの外科医トーマス・ウェイクリー (en:Thomas Wakley)によって創刊された。誌名をつけたのは彼で、手術用メスの一種であるランセット(en:Lancet (surgery))、および鋭頂窓(en:Lancet window、「光を取り入れる」を含意)にちなんだものである。1991年以来、『ランセット』はリード・エルゼビアの一部であるエルゼビアに所有されている。2008年の時点で編集長はリチャード・ホートンである。『ランセット』はいくつかの重要な医学的および非医学的事項に関して政治的な立場をとったことがある。近年の例では、ホメオパシーの効能が治療の選択肢になりうるという世界保健機構の主張を否定し、この件で世界保健機構を批判したこと、Reed Exhibitionsが軍需産業祭を主催した時点の不支持、そして2003年のタバコを非合法にする呼びかけがある。『ランセット』は世界中にかなりの数の読者を持ち、高いインパクトファクターを有する。ことに同誌のウェブサイトTheLancet.comにおいては、1996年の立ち上げ以来180万人以上の登録ユーザーを集めている。『ランセット』は、原著論文、レビュー("seminars"と"reviews")、論説、書評、通信に加え、特集ニュースや症例報告を刊行している。『ランセット』は、『ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン (NEJM)』、『ジャーナル・オブ・ジ・アメリカン・メディカル・アソシエーション (JAMA)』、『ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル (BMJ)』と並ぶ、"主要な"一般医学雑誌のひとつと見做されている。2012年のジャーナル・サイテーション・レポートでは、一般医学雑誌のなかで『ランセット』のインパクトファクターは45.217であり、『ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン』(55.873)に次ぐ2位に位置づけられた。
dbpedia-owl:academicDiscipline
dbpedia-owl:country
dbpedia-owl:firstPublicationYear
  • 1823-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:frequencyOfPublication
  • 週刊
dbpedia-owl:impactFactor
  • 45.217000 (xsd:double)
dbpedia-owl:impactFactorAsOf
  • 2014-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:issn
  • 0140-6736
dbpedia-owl:publisher
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1903360 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6762 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 42 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59100289 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:abbreviation
  • Lancet
prop-ja:country
prop-ja:cover
  • 120 (xsd:integer)
  • 1823 (xsd:integer)
prop-ja:discipline
prop-ja:frequency
  • 週刊
prop-ja:history
  • 1823 (xsd:integer)
prop-ja:impact
  • 45.217000 (xsd:double)
prop-ja:impactYear
  • 2014 (xsd:integer)
prop-ja:issn
  • 140 (xsd:integer)
prop-ja:publisher
prop-ja:title
  • The Lancet
prop-ja:website
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『ランセット』(英語:The Lancet)は、週刊で刊行される査読制の医学雑誌である。同誌は世界で最もよく知られ、最も評価の高い世界五大医学雑誌の一つであり、編集室をロンドンとニューヨークに持つ。『ランセット』は1823年にイギリスの外科医トーマス・ウェイクリー (en:Thomas Wakley)によって創刊された。誌名をつけたのは彼で、手術用メスの一種であるランセット(en:Lancet (surgery))、および鋭頂窓(en:Lancet window、「光を取り入れる」を含意)にちなんだものである。1991年以来、『ランセット』はリード・エルゼビアの一部であるエルゼビアに所有されている。2008年の時点で編集長はリチャード・ホートンである。『ランセット』はいくつかの重要な医学的および非医学的事項に関して政治的な立場をとったことがある。近年の例では、ホメオパシーの効能が治療の選択肢になりうるという世界保健機構の主張を否定し、この件で世界保健機構を批判したこと、Reed Exhibitionsが軍需産業祭を主催した時点の不支持、そして2003年のタバコを非合法にする呼びかけがある。『ランセット』は世界中にかなりの数の読者を持ち、高いインパクトファクターを有する。ことに同誌のウェブサイトTheLancet.comにおいては、1996年の立ち上げ以来180万人以上の登録ユーザーを集めている。『ランセット』は、原著論文、レビュー("seminars"と"reviews")、論説、書評、通信に加え、特集ニュースや症例報告を刊行している。『ランセット』は、『ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン (NEJM)』、『ジャーナル・オブ・ジ・アメリカン・メディカル・アソシエーション (JAMA)』、『ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル (BMJ)』と並ぶ、"主要な"一般医学雑誌のひとつと見做されている。2012年のジャーナル・サイテーション・レポートでは、一般医学雑誌のなかで『ランセット』のインパクトファクターは45.217であり、『ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン』(55.873)に次ぐ2位に位置づけられた。
rdfs:label
  • ランセット
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • The Lancet
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of