Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ランス・ティンゲイ(Lance Tingay, 1915年7月15日 - 1990年3月10日)は、イギリス・ロンドン出身のテニスジャーナリストである。1952年から1980年までロンドンの「デイリー・テレグラフ」紙のテニス記者を務めた人で、広範な知識を備えたテニス競技の歴史家として知られる。ティンゲイは1932年、17歳の時に初めてウィンブルドン選手権の会場を訪れ、それ以来1日も欠かさず選手権の試合観戦を続けたという。彼は1952年から「デイリー・テレグラフ」紙のテニス担当記者に就任し、ほぼ40年間にわたって世界各地のテニスを取材した。広範囲にわたる正確な歴史的知識のみならず、彼は世界各国の同僚ジャーナリストたちや選手たちと友好的な協力関係を築いた。国際テニス殿堂評伝執筆者のバド・コリンズによれば、ティンゲイは「原稿の締め切りぎりぎりまでタイプライターに向かっている時も、いつもユーモアのセンスを絶やさない」人だったという。ランス・ティンゲイは生涯を通じて、『ワールド・オブ・テニス』(World of Tennis)などのテニス年鑑でも監修を務め、テニスの歴史的資料の蓄積に計り知れない貢献をした。長期間に及ぶ献身的な著述活動の功績を認められ、1982年に「ジャーナリスト」部門で国際テニス殿堂入りを果たす。イギリス人ジャーナリストの国際テニス殿堂入りは史上初で、ジャーナリスト部門での殿堂入りは史上4人目となった。それから8年後の1990年3月10日、ティンゲイは故郷のロンドンにて74歳で死去した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1771416 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1546 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 28 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47428682 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ランス・ティンゲイ(Lance Tingay, 1915年7月15日 - 1990年3月10日)は、イギリス・ロンドン出身のテニスジャーナリストである。1952年から1980年までロンドンの「デイリー・テレグラフ」紙のテニス記者を務めた人で、広範な知識を備えたテニス競技の歴史家として知られる。ティンゲイは1932年、17歳の時に初めてウィンブルドン選手権の会場を訪れ、それ以来1日も欠かさず選手権の試合観戦を続けたという。彼は1952年から「デイリー・テレグラフ」紙のテニス担当記者に就任し、ほぼ40年間にわたって世界各地のテニスを取材した。広範囲にわたる正確な歴史的知識のみならず、彼は世界各国の同僚ジャーナリストたちや選手たちと友好的な協力関係を築いた。国際テニス殿堂評伝執筆者のバド・コリンズによれば、ティンゲイは「原稿の締め切りぎりぎりまでタイプライターに向かっている時も、いつもユーモアのセンスを絶やさない」人だったという。ランス・ティンゲイは生涯を通じて、『ワールド・オブ・テニス』(World of Tennis)などのテニス年鑑でも監修を務め、テニスの歴史的資料の蓄積に計り知れない貢献をした。長期間に及ぶ献身的な著述活動の功績を認められ、1982年に「ジャーナリスト」部門で国際テニス殿堂入りを果たす。イギリス人ジャーナリストの国際テニス殿堂入りは史上初で、ジャーナリスト部門での殿堂入りは史上4人目となった。それから8年後の1990年3月10日、ティンゲイは故郷のロンドンにて74歳で死去した。
rdfs:label
  • ランス・ティンゲイ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of