Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ランゴバルド人(ランゴバルドじん)は中世初期に存在したゲルマニア出身のゲルマン系民族である。ロンバルド、ロンゴバルドとも呼ぶことがある。ランゴバルドとは「長い顎鬚(あごひげ)」を意味する(英語のlong beardに相当)ランゴバルド人の言葉に由来し、民族の帰属概念として男性が顎鬚を伸ばしていた事に因んでいる。特に568年にアルボイーノ王に率いられ東ローマ帝国領であった北イタリアを奪取し、774年にカール大帝に滅ぼされるまで200年近く存続したランゴバルド王国を興したことで有名である。北イタリアのロンバルディアという地名もランゴバルド王国に由来している。ランゴバルド人たちはラテン人の現住民達との混血を奨励し、自らの文化を棄てる事で積極的に同化を図った。これにより統治は安定し、王国は蛮族が開いた王朝としては最も長く持った。フランク人の侵攻によって滅んだ後は同化政策が仇となった事もあり、その形跡の殆どが失われた。一方でエステ家など近世末期まで生き抜いたランゴバルド貴族も存在した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 160647 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4786 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 94 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58320969 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ランゴバルド人(ランゴバルドじん)は中世初期に存在したゲルマニア出身のゲルマン系民族である。ロンバルド、ロンゴバルドとも呼ぶことがある。ランゴバルドとは「長い顎鬚(あごひげ)」を意味する(英語のlong beardに相当)ランゴバルド人の言葉に由来し、民族の帰属概念として男性が顎鬚を伸ばしていた事に因んでいる。特に568年にアルボイーノ王に率いられ東ローマ帝国領であった北イタリアを奪取し、774年にカール大帝に滅ぼされるまで200年近く存続したランゴバルド王国を興したことで有名である。北イタリアのロンバルディアという地名もランゴバルド王国に由来している。ランゴバルド人たちはラテン人の現住民達との混血を奨励し、自らの文化を棄てる事で積極的に同化を図った。これにより統治は安定し、王国は蛮族が開いた王朝としては最も長く持った。フランク人の侵攻によって滅んだ後は同化政策が仇となった事もあり、その形跡の殆どが失われた。一方でエステ家など近世末期まで生き抜いたランゴバルド貴族も存在した。
rdfs:label
  • ランゴバルド人
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of