Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ラングレー研究所(ラングレーけんきゅうじょ)はNASAの最古の研究施設。アメリカ合衆国バージニア州ハンプトンに位置している。ラングレー空軍基地とパーコウサン港に接している。主に航空機研究に焦点を合わせる施設であり月面着陸機の飛行シミュレートをはじめ、多くの高名な宇宙機、航空機の計画と設計が行われている。1917年、NACAによって設立され、現在は施設の2/3を航空工学研究に1/3を宇宙機開発に使用している。航空機の改良、宇宙機の安全、性能、効率性などの研究のために40以上の風洞実験室を使用している。NASAがマーキュリー計画を進めていた1958年から1963年、ラングレー研究所は移設された有人飛行センター(現在のジョンソン宇宙センター)と共に有人宇宙飛行計画の主要研究所として生き残った。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1335115 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1228 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 21 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58930724 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
georss:point
  • 37.092777777777776 -76.38138888888889
rdf:type
rdfs:comment
  • ラングレー研究所(ラングレーけんきゅうじょ)はNASAの最古の研究施設。アメリカ合衆国バージニア州ハンプトンに位置している。ラングレー空軍基地とパーコウサン港に接している。主に航空機研究に焦点を合わせる施設であり月面着陸機の飛行シミュレートをはじめ、多くの高名な宇宙機、航空機の計画と設計が行われている。1917年、NACAによって設立され、現在は施設の2/3を航空工学研究に1/3を宇宙機開発に使用している。航空機の改良、宇宙機の安全、性能、効率性などの研究のために40以上の風洞実験室を使用している。NASAがマーキュリー計画を進めていた1958年から1963年、ラングレー研究所は移設された有人飛行センター(現在のジョンソン宇宙センター)と共に有人宇宙飛行計画の主要研究所として生き残った。
rdfs:label
  • ラングレー研究所
owl:sameAs
geo:lat
  • 37.092777 (xsd:float)
geo:long
  • -76.381386 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:majorContractors of
is foaf:primaryTopic of