Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ラム酒の反乱(Rum Rebellion)は、1808年に起きた暴動で、オーストラリア史で唯一成功した、武力行使による政府の乗っ取りである。19世紀にはこの反乱は広く大乱(Great Rebellion)と呼ばれた。ニューサウスウェールズの総督ウィリアム・ブライは、ジョージ・ジョンストン少佐指揮下のニューサウスウェールズ軍団及びその軍団と緊密に連携したジョン・マッカーサーにより、1808年1月26日に総督職を退任させられた。アーサー・フィリップがオーストラリアにヨーロッパの植民地を建てた、その20年後のことであった。その後、ニューサウスウェールズは軍の支配下に置かれ、軍の上級士官がシドニーに駐屯して総督代理としてふるまった。この軍による支配は、1810年の始めに、ラックラン・マッコーリー陸軍少将が総督としてイギリスから赴任するまで続いた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2749982 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 16450 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 125 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56422873 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:参加者
prop-ja:名称
  • ラム酒の反乱
prop-ja:指導者
prop-ja:期間
  • --01-26
prop-ja:発生現場
prop-ja:種類
  • 政府への武力行使
prop-ja:結果
prop-ja:関連団体
  • ニューサウスウェールズ軍団
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ラム酒の反乱(Rum Rebellion)は、1808年に起きた暴動で、オーストラリア史で唯一成功した、武力行使による政府の乗っ取りである。19世紀にはこの反乱は広く大乱(Great Rebellion)と呼ばれた。ニューサウスウェールズの総督ウィリアム・ブライは、ジョージ・ジョンストン少佐指揮下のニューサウスウェールズ軍団及びその軍団と緊密に連携したジョン・マッカーサーにより、1808年1月26日に総督職を退任させられた。アーサー・フィリップがオーストラリアにヨーロッパの植民地を建てた、その20年後のことであった。その後、ニューサウスウェールズは軍の支配下に置かれ、軍の上級士官がシドニーに駐屯して総督代理としてふるまった。この軍による支配は、1810年の始めに、ラックラン・マッコーリー陸軍少将が総督としてイギリスから赴任するまで続いた。
rdfs:label
  • ラム酒の反乱
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of