Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ラムタラ(Lammtarra, 1992年2月2日 - 2014年7月6日)は、アメリカ合衆国で生産され、イギリスとアラブ首長国連邦ドバイで調教された競走馬。イギリスと日本では種牡馬としても供された。1994年にデビュー。初戦を勝利したのち、翌1995年春に長期休養明けでイギリスのクラシック競走・ダービーステークスに優勝。その後夏から秋にかけて、古馬(4歳以上馬)を交えたイギリスの最高格競走・キングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンドステークス(以下、「キングジョージ」と記述)と、同様のフランスの競走・凱旋門賞を無敗のまま制覇し、1971年のミルリーフ以来、史上2頭目のヨーロッパ三大競走完全制覇を達成した。通算成績は4戦4勝。競走馬引退後はイギリスで種牡馬入りしたが、1996年に日本の生産者団体が3000万ドルで購買、日本へ導入されたことで、競馬を離れた一般の耳目も集めた。しかし期待された産駒成績は挙がらず、2006年にイギリスへ買い戻され、以後は同地で余生を送った。馬名は古アラビア語とされるが、訳は定まっておらず、英語では「invisible(目に見えないもの)」、日本語では「決して見ることがない」、「神の見えざる力」といった訳がある。また、石川ワタルは「無敵 (invincible) 」という意味であると紹介している。管理調教師の殺害や、自身の生命の危機の克服、その戦績と馬名との連想などから、日本においては「奇跡の名馬」または「神の馬」とも紹介された。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 12355 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 17710 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 208 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57259461 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:f
prop-ja:ff
  • Northern Dancer 1961
  • 鹿毛 カナダ
prop-ja:fff
prop-ja:ffff
prop-ja:fffm
  • Lady Angela
prop-ja:ffm
prop-ja:ffmf
prop-ja:ffmm
prop-ja:flin
  • 22 (xsd:integer)
prop-ja:fm
  • Flaming Page 1959
  • 鹿毛 カナダ
prop-ja:fmf
prop-ja:fmff
prop-ja:fmfm
  • Our Page
prop-ja:fmm
  • Flaring Top
prop-ja:fmmf
prop-ja:fmmm
  • Flaming Top
prop-ja:fn
  • 22 (xsd:integer)
prop-ja:inbr
  • Northern Dancer 2×4、Nearco 4×5、Menow 4×5
prop-ja:inf
prop-ja:jbis
  • 362599 (xsd:integer)
prop-ja:m
  • Snow Bride 1986
  • 栗毛 アメリカ
prop-ja:mf
  • Blushing Groom 1974
  • 栗毛 フランス
prop-ja:mff
prop-ja:mfff
prop-ja:mffm
  • Spring Run
prop-ja:mfm
  • Runaway Bride
prop-ja:mfmf
prop-ja:mfmm
  • Aimee
prop-ja:mm
  • Awaasif 1979
  • 鹿毛 カナダ
prop-ja:mmf
prop-ja:mmff
  • Firestreak
prop-ja:mmfm
  • Snow Blossom
prop-ja:mmm
  • Royal Statue
prop-ja:mmmf
  • Northern Dancer
prop-ja:mmmm
  • Queen's Statue
prop-ja:name
  • ラムタラ
prop-ja:netkeiba
  • 86400.0
prop-ja:racingpost
  • 96546 (xsd:integer)
prop-ja:ref
  • --04-29
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:
prop-ja:
  • ラムタラ
prop-ja:
prop-ja:
  • --07-06
prop-ja:
prop-ja:母父
prop-ja:
prop-ja:
  • --02-02
prop-ja:
  • ゲインズバラファーム
prop-ja:
prop-ja:
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:
prop-ja:調
prop-ja:
  • 79 (xsd:integer)
  • 400 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ラムタラ(Lammtarra, 1992年2月2日 - 2014年7月6日)は、アメリカ合衆国で生産され、イギリスとアラブ首長国連邦ドバイで調教された競走馬。イギリスと日本では種牡馬としても供された。1994年にデビュー。初戦を勝利したのち、翌1995年春に長期休養明けでイギリスのクラシック競走・ダービーステークスに優勝。その後夏から秋にかけて、古馬(4歳以上馬)を交えたイギリスの最高格競走・キングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンドステークス(以下、「キングジョージ」と記述)と、同様のフランスの競走・凱旋門賞を無敗のまま制覇し、1971年のミルリーフ以来、史上2頭目のヨーロッパ三大競走完全制覇を達成した。通算成績は4戦4勝。競走馬引退後はイギリスで種牡馬入りしたが、1996年に日本の生産者団体が3000万ドルで購買、日本へ導入されたことで、競馬を離れた一般の耳目も集めた。しかし期待された産駒成績は挙がらず、2006年にイギリスへ買い戻され、以後は同地で余生を送った。馬名は古アラビア語とされるが、訳は定まっておらず、英語では「invisible(目に見えないもの)」、日本語では「決して見ることがない」、「神の見えざる力」といった訳がある。また、石川ワタルは「無敵 (invincible) 」という意味であると紹介している。管理調教師の殺害や、自身の生命の危機の克服、その戦績と馬名との連想などから、日本においては「奇跡の名馬」または「神の馬」とも紹介された。
rdfs:label
  • ラムタラ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:母父 of
is prop-ja: of
is foaf:primaryTopic of