Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ラムソン719作戦 (ベトナム語: Chiến dịch Lam Sơn 719/戰役藍山719 若しくは Chiến dịch đường 9 – Nam Lào、英語: Operation Lam Son 719)は、ベトナム戦争の間の1971年2月8日から3月25日の間に南ベトナム軍によってラオス王国の南東部の一部で行われた限定された攻撃作戦であった。アメリカ合衆国は兵站の、空中の、そして大砲の援助をこの作戦に投じたが、その地上部隊がラオスの領土に入る事は法律で禁止されていた。作戦の目的は北ベトナム軍 (PAVN)によって将来に予想される攻撃を混乱させる事であり、そのラオス内での兵站制度はホーチミン・ルートとして知られていた。北ベトナム軍による長期にわたる兵站制度に対する攻撃を仕掛ける事によって、アメリカと南ベトナムの最高司令部は幾つかの緊急の問題が解決する事を願った。ラオスでの素早い勝利は南ベトナム軍の士気と信頼を高め、それは既に1970年のカンボジア戦役が成功して目覚めた際に高くなっていた。それは同様に戦場からアメリカの地上部隊の撤退の継続に直面する中で、南ベトナム軍が彼らの国家を守らなければならない事を表してもいた。従って、この作戦はその方針に於いても南ベトナム軍が単独で効果的に動けるのかどうかの能力を確かめる試験となった。完璧な計画立案を妨げる安全性を南ベトナムが必要とし、アメリカ軍や南ベトナム軍の政治的かつ軍事的な指導者が軍事の現実に直面する能力の欠如、そして貧弱な実行力の所為で、巧みな敵の徹底的な抵抗に直面すると、「ラムソン719」作戦は崩れた。この戦役はその幾つかの最も優秀な部隊を多数死亡させたり、その前の3年間に渡って築き上げて来た信頼を破壊したという点で、南ベトナム軍にとって災難だった。ベトナミゼーション、アメリカの民間人と軍当局者によって南ベトナムを共産主義から守り、アメリカの撤退が完了する最高の方法であると宣伝された方針は、失敗だったと判明した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2499074 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 28213 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 106 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58472843 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • この地図は基地や軍の動きを示している
prop-ja:casualties
  • 22 (xsd:integer)
  • 38 (xsd:integer)
  • 625 (xsd:integer)
  • 691 (xsd:integer)
  • 1149 (xsd:integer)
  • 2163 (xsd:integer)
  • 5483 (xsd:integer)
  • 12420 (xsd:integer)
  • Source 2: 8,483人が死亡
prop-ja:combatant
  • 22 (xsd:integer)
prop-ja:commander
  • 22 (xsd:integer)
prop-ja:conflict
  • ラムソン719作戦
prop-ja:date
  • --02-08
prop-ja:partof
prop-ja:place
prop-ja:result
  • 北ベトナムの勝利
prop-ja:strength
  • 22 (xsd:integer)
  • ~25,000 – ~35,000人
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ラムソン719作戦 (ベトナム語: Chiến dịch Lam Sơn 719/戰役藍山719 若しくは Chiến dịch đường 9 – Nam Lào、英語: Operation Lam Son 719)は、ベトナム戦争の間の1971年2月8日から3月25日の間に南ベトナム軍によってラオス王国の南東部の一部で行われた限定された攻撃作戦であった。アメリカ合衆国は兵站の、空中の、そして大砲の援助をこの作戦に投じたが、その地上部隊がラオスの領土に入る事は法律で禁止されていた。作戦の目的は北ベトナム軍 (PAVN)によって将来に予想される攻撃を混乱させる事であり、そのラオス内での兵站制度はホーチミン・ルートとして知られていた。北ベトナム軍による長期にわたる兵站制度に対する攻撃を仕掛ける事によって、アメリカと南ベトナムの最高司令部は幾つかの緊急の問題が解決する事を願った。ラオスでの素早い勝利は南ベトナム軍の士気と信頼を高め、それは既に1970年のカンボジア戦役が成功して目覚めた際に高くなっていた。それは同様に戦場からアメリカの地上部隊の撤退の継続に直面する中で、南ベトナム軍が彼らの国家を守らなければならない事を表してもいた。従って、この作戦はその方針に於いても南ベトナム軍が単独で効果的に動けるのかどうかの能力を確かめる試験となった。完璧な計画立案を妨げる安全性を南ベトナムが必要とし、アメリカ軍や南ベトナム軍の政治的かつ軍事的な指導者が軍事の現実に直面する能力の欠如、そして貧弱な実行力の所為で、巧みな敵の徹底的な抵抗に直面すると、「ラムソン719」作戦は崩れた。この戦役はその幾つかの最も優秀な部隊を多数死亡させたり、その前の3年間に渡って築き上げて来た信頼を破壊したという点で、南ベトナム軍にとって災難だった。ベトナミゼーション、アメリカの民間人と軍当局者によって南ベトナムを共産主義から守り、アメリカの撤退が完了する最高の方法であると宣伝された方針は、失敗だったと判明した。
rdfs:label
  • ラムソン719作戦
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of