ラミナリビオース (laminaribiose) は、グルコース2分子がβ1-3結合で結合した、二糖の一種である。コンブなど褐藻類の貯蔵多糖で、また細菌の細胞壁の構成成分でもあるラミナランは、ラミナリビオースがポリマーになったものである。またラミナリビオースという名前は、コンブの属名のLaminariaから名づけられた。 蜂蜜の甘味成分の一つである。

Property Value
dbo:abstract
  • ラミナリビオース (laminaribiose) は、グルコース2分子がβ1-3結合で結合した、二糖の一種である。コンブなど褐藻類の貯蔵多糖で、また細菌の細胞壁の構成成分でもあるラミナランは、ラミナリビオースがポリマーになったものである。またラミナリビオースという名前は、コンブの属名のLaminariaから名づけられた。 蜂蜜の甘味成分の一つである。 (ja)
  • ラミナリビオース (laminaribiose) は、グルコース2分子がβ1-3結合で結合した、二糖の一種である。コンブなど褐藻類の貯蔵多糖で、また細菌の細胞壁の構成成分でもあるラミナランは、ラミナリビオースがポリマーになったものである。またラミナリビオースという名前は、コンブの属名のLaminariaから名づけられた。 蜂蜜の甘味成分の一つである。 (ja)
dbo:casNumber
  • 34980-39-7
dbo:iupacName
  • 3-O-β-(D)-グルコピラノシル-(D)-グルコース (ja)
  • 3-O-β-(D)-グルコピラノシル-(D)-グルコース (ja)
dbo:wikiPageID
  • 968789 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 615 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 62644424 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:cas登録番号
  • 34980 (xsd:integer)
prop-ja:iupac
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • ラミナリビオース (ja)
  • ラミナリビオース (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:分子式
  • C12H22O11 (ja)
  • C12H22O11 (ja)
prop-ja:分子量
  • 342.300000 (xsd:double)
prop-ja:別名
  • ラミナリオース (ja)
  • ラミナリオース (ja)
prop-ja:形状
  • 白色結晶 (ja)
  • 白色結晶 (ja)
prop-ja:構造式
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:
  • 固体 (ja)
  • 固体 (ja)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ラミナリビオース (laminaribiose) は、グルコース2分子がβ1-3結合で結合した、二糖の一種である。コンブなど褐藻類の貯蔵多糖で、また細菌の細胞壁の構成成分でもあるラミナランは、ラミナリビオースがポリマーになったものである。またラミナリビオースという名前は、コンブの属名のLaminariaから名づけられた。 蜂蜜の甘味成分の一つである。 (ja)
  • ラミナリビオース (laminaribiose) は、グルコース2分子がβ1-3結合で結合した、二糖の一種である。コンブなど褐藻類の貯蔵多糖で、また細菌の細胞壁の構成成分でもあるラミナランは、ラミナリビオースがポリマーになったものである。またラミナリビオースという名前は、コンブの属名のLaminariaから名づけられた。 蜂蜜の甘味成分の一つである。 (ja)
rdfs:label
  • ラミナリビオース (ja)
  • ラミナリビオース (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ラミナリオース (ja)
  • ラミナリビオース (ja)
  • ラミナリオース (ja)
  • ラミナリビオース (ja)
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of