Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ラフリーの敗北(ラフリーのはいぼく、英: Lochry's Defeat、またはラフリー虐殺、英: Lochry massacre)は、今日のアメリカ合衆国インディアナ州オーロラ近くで、1781年8月24日に行われた戦闘である。イギリス軍と13植民地の間の紛争として始まったアメリカ独立戦争の一部であり、戦争が西部のフロンティアに拡大して、そこのインディアンをイギリス軍の同盟者として戦争に巻き込んでいた。この戦闘は短時間で終わり、決定的な結果になった。一時的に西部に来ていたモホーク族の戦闘指導者ジョセフ・ブラントが率いる約100名のインディアンが、アーチボルド・ラフリーの率いるほぼ同数のペンシルベニア民兵を急襲した。ブラントとその部隊はアメリカ側兵士の全てを殺すか捕虜にし、しかも自部隊に損失を出さなかった。ラフリーの部隊はイギリス軍地域本部のあったデトロイトに対する作戦のためにジョージ・ロジャース・クラークが立ち上げた軍隊の一部だった。クラークは北西部フロンティアでは傑出したアメリカ軍指揮官であり、バージニア知事のトーマス・ジェファーソンと共にデトロイトを占領し、インディアンの敵対行動をイギリス軍が支援しているのを終わらせようと期待して、この遠征を計画した。1781年8月初旬、クラークと約400名の兵士がペンシルベニアのピット砦を船で出発し、オハイオ川を下ったが、ラフリーの部隊より数日先行していた。ラフリーは本隊に追いつこうとしていた。ジョセフ・ブラントの部隊はクラークの攻勢に対抗するために立ち上げられたイギリス軍とインディアンの連合軍の一部だった。ブラントはクラークの部隊に対抗するには兵士が足りなかったが、クラークとラフリーの間の伝令を捕まえて、ラフリーの少数部隊が後方から来ていることを知った。ラフリーが兵士と馬に食を与えるために上陸したとき、ブラントが急襲を掛けて大成功に導いた。クラークはその作戦に必要と考えた兵士を徴兵していただけだったので、ラフリーの部隊を失ったことで遠征そのものを中止することになった。
dbpedia-owl:casualties
  • 37 (xsd:integer)
dbpedia-owl:combatant
  • インディアン
  • ペンシルベニア民兵隊
  • (アメリカ独立推進派)
  • (イギリス軍と同盟)
dbpedia-owl:description
  • ラフリーの敗北、Will Vawter画、1895年頃
dbpedia-owl:isPartOfMilitaryConflict
dbpedia-owl:opponents
dbpedia-owl:place
dbpedia-owl:result
  • インディアン勢の大勝利
dbpedia-owl:strength
  • 100名強
  • 90ないし100名
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2455345 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 26957 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 62 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53277369 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:battleName
  • ラフリーの敗北
prop-ja:campaign
  • アメリカ独立戦争
prop-ja:caption
  • ラフリーの敗北、Will Vawter画、1895年頃
prop-ja:casualties
  • 無し
  • 戦死37名、捕虜6名
prop-ja:combatant
prop-ja:commander
prop-ja:conflict
prop-ja:date
  • --08-24
prop-ja:place
  • 現在のインディアナ州オーロラ近く
prop-ja:result
  • インディアン勢の大勝利
prop-ja:strength
  • 90 (xsd:integer)
  • 100 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
georss:point
  • 39.05861111111111 -84.90638888888888
rdf:type
rdfs:comment
  • ラフリーの敗北(ラフリーのはいぼく、英: Lochry's Defeat、またはラフリー虐殺、英: Lochry massacre)は、今日のアメリカ合衆国インディアナ州オーロラ近くで、1781年8月24日に行われた戦闘である。イギリス軍と13植民地の間の紛争として始まったアメリカ独立戦争の一部であり、戦争が西部のフロンティアに拡大して、そこのインディアンをイギリス軍の同盟者として戦争に巻き込んでいた。この戦闘は短時間で終わり、決定的な結果になった。一時的に西部に来ていたモホーク族の戦闘指導者ジョセフ・ブラントが率いる約100名のインディアンが、アーチボルド・ラフリーの率いるほぼ同数のペンシルベニア民兵を急襲した。ブラントとその部隊はアメリカ側兵士の全てを殺すか捕虜にし、しかも自部隊に損失を出さなかった。ラフリーの部隊はイギリス軍地域本部のあったデトロイトに対する作戦のためにジョージ・ロジャース・クラークが立ち上げた軍隊の一部だった。クラークは北西部フロンティアでは傑出したアメリカ軍指揮官であり、バージニア知事のトーマス・ジェファーソンと共にデトロイトを占領し、インディアンの敵対行動をイギリス軍が支援しているのを終わらせようと期待して、この遠征を計画した。1781年8月初旬、クラークと約400名の兵士がペンシルベニアのピット砦を船で出発し、オハイオ川を下ったが、ラフリーの部隊より数日先行していた。ラフリーは本隊に追いつこうとしていた。ジョセフ・ブラントの部隊はクラークの攻勢に対抗するために立ち上げられたイギリス軍とインディアンの連合軍の一部だった。ブラントはクラークの部隊に対抗するには兵士が足りなかったが、クラークとラフリーの間の伝令を捕まえて、ラフリーの少数部隊が後方から来ていることを知った。ラフリーが兵士と馬に食を与えるために上陸したとき、ブラントが急襲を掛けて大成功に導いた。クラークはその作戦に必要と考えた兵士を徴兵していただけだったので、ラフリーの部隊を失ったことで遠征そのものを中止することになった。
rdfs:label
  • ラフリーの敗北
owl:sameAs
geo:lat
  • 39.058613 (xsd:float)
geo:long
  • -84.906387 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ラフリーの敗北
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of