Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ラフファイトとは、プロレスなどの格闘技の試合において、危険、反則、などを行なうファイトスタイル。勝つためのフォールやギブアップを狙うレスリング本来の投げ技や固め技ではなく、相手にダメージを与えること、またそれによって技をかけやすくすることなどを目的として、打撃技や凶器攻撃、その他の反則技なども使われる。ヒールのレスラーが売り物にする一方、ベビーフェイスのレスラーでも遺恨のある相手との試合では行うことがある。力道山、ジャイアント馬場、アントニオ猪木らは、ベビーフェイスであり自分からはラフファイトを仕掛けることはないが、ヒールから仕掛けられてラフファイトの応酬となったときには強さを発揮することで知られていた。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1776384 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1682 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 24 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 38195940 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ラフファイトとは、プロレスなどの格闘技の試合において、危険、反則、などを行なうファイトスタイル。勝つためのフォールやギブアップを狙うレスリング本来の投げ技や固め技ではなく、相手にダメージを与えること、またそれによって技をかけやすくすることなどを目的として、打撃技や凶器攻撃、その他の反則技なども使われる。ヒールのレスラーが売り物にする一方、ベビーフェイスのレスラーでも遺恨のある相手との試合では行うことがある。力道山、ジャイアント馬場、アントニオ猪木らは、ベビーフェイスであり自分からはラフファイトを仕掛けることはないが、ヒールから仕掛けられてラフファイトの応酬となったときには強さを発揮することで知られていた。
rdfs:label
  • ラフファイト
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of