Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ラバー・コーン・サスペンション(Rubber Cone Suspension )とは、英国のBMC(当時)が製造した小型の乗用車「ミニ」の開発にあたり、アレックス・モールトン博士が開発した、コーン(円錐)状のゴムばねを使ったサスペンション、およびその構造を指す。ミニのコストを抑え、またコンパクトなサイズに納めるために一般的なサスペンションのスプリングをゴムの塊に置換した独特のサスペンションである。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 162529 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1258 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 18 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59112570 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ラバー・コーン・サスペンション(Rubber Cone Suspension )とは、英国のBMC(当時)が製造した小型の乗用車「ミニ」の開発にあたり、アレックス・モールトン博士が開発した、コーン(円錐)状のゴムばねを使ったサスペンション、およびその構造を指す。ミニのコストを抑え、またコンパクトなサイズに納めるために一般的なサスペンションのスプリングをゴムの塊に置換した独特のサスペンションである。
rdfs:label
  • ラバー・コーン・サスペンション
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of