Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ラバウル航空隊(ラバウルこうくうたい)とは、太平洋戦争(大東亜戦争)当時、ニューブリテン島(現在のパプアニューギニア)のラバウル基地に集結してこの空域に展開して戦闘に参加した、大日本帝国海軍、及び同陸軍の戦闘・爆撃・偵察・水上・各航空隊の総称である。各航空隊は、南太平洋諸島の確保、機動部隊の支援を目的に進出し、本部をラバウルに置き、作戦に呼応して米陸軍・英領豪州軍に対する東ニューギニアと米海軍・米海兵隊・英領ニュージーランド空軍に対するソロモン方面の各基地を移動転戦して「ラバウルの要塞」と呼ばれた。戦局の悪化とともに日本軍は後退し、最終的に連合軍は戦略的判断からラバウルを迂回した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 72945 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 34496 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 151 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58135153 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ラバウル航空隊(ラバウルこうくうたい)とは、太平洋戦争(大東亜戦争)当時、ニューブリテン島(現在のパプアニューギニア)のラバウル基地に集結してこの空域に展開して戦闘に参加した、大日本帝国海軍、及び同陸軍の戦闘・爆撃・偵察・水上・各航空隊の総称である。各航空隊は、南太平洋諸島の確保、機動部隊の支援を目的に進出し、本部をラバウルに置き、作戦に呼応して米陸軍・英領豪州軍に対する東ニューギニアと米海軍・米海兵隊・英領ニュージーランド空軍に対するソロモン方面の各基地を移動転戦して「ラバウルの要塞」と呼ばれた。戦局の悪化とともに日本軍は後退し、最終的に連合軍は戦略的判断からラバウルを迂回した。
rdfs:label
  • ラバウル航空隊
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of