Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ラニエーリ・マリーア・ガエターノ・ディ・ボルボーネ=ドゥエ・シチリエ(Ranieri Maria Gaetano di Borbone-Due Sicilie, 1883年12月3日 - 1973年1月13日)は、両シチリア王国の王家ブルボン=シチリア家の家長で王位請求者。最後の国王フェルディナンド2世の異母弟アルフォンソと両シチリア王族の妻マリーア・アントニエッタの五男。カストロ公の称号を用いている。フランスのカンヌで生まれる。一時スペイン陸軍に所属していた。家長であった長兄カラブリア公フェルディナンド・ピウスが1960年に死去した後、新たな家長として一族の大多数から認められた。しかし、次兄カルロ・タンクレーディの息子カラブリア公アルフォンソが異議を唱えた。カルロ・タンクレーディはアルフォンソの母であるスペイン王女マリア・デ・ラス・メルセデスとの結婚に際して両シチリア王家家長の継承権を放棄し、代わってスペイン王子の身分を得ていた。しかしアルフォンソは継承権の無効を認めず、自らが家長であると主張した。以後も家長の座を巡っては、両者の子や孫の間で係争が続いている。ラニエーリは1923年に、ポーランド貴族ザモイスキ家出身で、両シチリア王家の血を引く母方の従妹であるマリア・カロリーナ・ザモイスカ(1896年 - 1968年)と結婚した。2人は1男1女をもうけた。 マリア・デル・カルメン(1924年 - ) フェルディナンド・マリア(1926年 - 2008年)1966年、ラニエーリは息子フェルディナンド・マリアに家長の地位とカストロ公の称号を譲った。アルフォンソの跡を継いだカラブリア公カルロとの争いで有利になるよう計らってのことであった。
dbpedia-owl:birthDate
  • 1883-12-03 (xsd:date)
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:child
dbpedia-owl:deathDate
  • 1973-01-13 (xsd:date)
dbpedia-owl:deathPlace
dbpedia-owl:parent
dbpedia-owl:religion
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1772736 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2206 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 40 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57634792 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:墓地
  • 、カンヌ、グランジャ墓地
prop-ja:子供
prop-ja:宗教
prop-ja:宗派
prop-ja:死没地
  • 、オード県ラコンブ
prop-ja:氏名
  • ラニエーリ
prop-ja:没年月日
  • 1973-01-13 (xsd:date)
prop-ja:生年月日
  • 1883-12-03 (xsd:date)
prop-ja:生誕地
  • 、カンヌ
prop-ja:
  • 父:アルフォンソ
  • 母:マリーア・アントニエッタ
prop-ja:配偶者
  • マリア・カロリーナ・ザモイスカ
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ラニエーリ・マリーア・ガエターノ・ディ・ボルボーネ=ドゥエ・シチリエ(Ranieri Maria Gaetano di Borbone-Due Sicilie, 1883年12月3日 - 1973年1月13日)は、両シチリア王国の王家ブルボン=シチリア家の家長で王位請求者。最後の国王フェルディナンド2世の異母弟アルフォンソと両シチリア王族の妻マリーア・アントニエッタの五男。カストロ公の称号を用いている。フランスのカンヌで生まれる。一時スペイン陸軍に所属していた。家長であった長兄カラブリア公フェルディナンド・ピウスが1960年に死去した後、新たな家長として一族の大多数から認められた。しかし、次兄カルロ・タンクレーディの息子カラブリア公アルフォンソが異議を唱えた。カルロ・タンクレーディはアルフォンソの母であるスペイン王女マリア・デ・ラス・メルセデスとの結婚に際して両シチリア王家家長の継承権を放棄し、代わってスペイン王子の身分を得ていた。しかしアルフォンソは継承権の無効を認めず、自らが家長であると主張した。以後も家長の座を巡っては、両者の子や孫の間で係争が続いている。ラニエーリは1923年に、ポーランド貴族ザモイスキ家出身で、両シチリア王家の血を引く母方の従妹であるマリア・カロリーナ・ザモイスカ(1896年 - 1968年)と結婚した。2人は1男1女をもうけた。 マリア・デル・カルメン(1924年 - ) フェルディナンド・マリア(1926年 - 2008年)1966年、ラニエーリは息子フェルディナンド・マリアに家長の地位とカストロ公の称号を譲った。アルフォンソの跡を継いだカラブリア公カルロとの争いで有利になるよう計らってのことであった。
rdfs:label
  • ラニエーリ・ディ・ボルボーネ=ドゥエ・シチリエ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ラニエーリ
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of