Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『ラデツキー行進曲』(ラデツキーこうしんきょく、独: Radetzkymarsch、作品228)は、1848年にヨハン・シュトラウス1世が作曲した行進曲である。同年に北イタリアの独立運動を鎮圧に向かうヨーゼフ・ラデツキー将軍を称えて作曲された。現在ではそうした経緯は関係なく、イタリア人指揮者によってもわだかまりなく演奏される。この曲において、シュトラウスは主題にカドリーユを用いている。オーストリア=ハンガリー帝国の流れを汲むリズム(ダタダンダタダンダタダンダンダン と後ろの拍にアクセントが置かれている)及びその転回で曲が構成されている。ラデツキー行進曲は、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のニューイヤーコンサートにおいて、アンコールの掉尾を飾る曲として伝統的に使用されているが、この版は長年にわたって楽団員たちが手を加え続けたものであり、原典版とは大きく楽器法や音の強弱などが変化している。2001年には、ニコラウス・アーノンクールにより、コンサートの冒頭を飾る曲として初めて原典版が演奏された(アンコールでは通常演奏される版が演奏された)。ただし、2005年には演奏されていない。これは、前年末に起こったスマトラ島沖地震の犠牲者へ弔意を示し復興の支援を進めるためである。息子ヨハン・シュトラウス2世の行進曲『ハプスブルク万歳』(独: Habsburg Hoch、作品408)、『祖国行進曲』(独: Vaterländischermarsch)に主題が引用されている。オーストリア人作家ヨーゼフ・ロートによる同名の長編小説がある(独: Radetzkymarsch、1932年)。曲は前奏→主題→展開部→中間部→前奏→主題→展開部の構成。ニ長調。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 290910 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4666 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 72 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58996760 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:cname
  • 『ラデツキー行進曲』
prop-ja:description
  • 合衆国海兵隊軍楽隊による演奏
prop-ja:filename
  • Radetzky March.ogg
prop-ja:format
prop-ja:id
  • Radetzky March, Op.228
prop-ja:title
  • ラデツキー行進曲
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:オーボエ
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:クラリネット
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:コントラバス
prop-ja:チェロ
prop-ja:チューバ
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:トランペット
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:トロンボーン
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:ファゴット
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:フルート
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:ホルン
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:ヴィオラ
prop-ja:打楽器
prop-ja:第1ヴァイオリン
prop-ja:第2ヴァイオリン
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『ラデツキー行進曲』(ラデツキーこうしんきょく、独: Radetzkymarsch、作品228)は、1848年にヨハン・シュトラウス1世が作曲した行進曲である。同年に北イタリアの独立運動を鎮圧に向かうヨーゼフ・ラデツキー将軍を称えて作曲された。現在ではそうした経緯は関係なく、イタリア人指揮者によってもわだかまりなく演奏される。この曲において、シュトラウスは主題にカドリーユを用いている。オーストリア=ハンガリー帝国の流れを汲むリズム(ダタダンダタダンダタダンダンダン と後ろの拍にアクセントが置かれている)及びその転回で曲が構成されている。ラデツキー行進曲は、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のニューイヤーコンサートにおいて、アンコールの掉尾を飾る曲として伝統的に使用されているが、この版は長年にわたって楽団員たちが手を加え続けたものであり、原典版とは大きく楽器法や音の強弱などが変化している。2001年には、ニコラウス・アーノンクールにより、コンサートの冒頭を飾る曲として初めて原典版が演奏された(アンコールでは通常演奏される版が演奏された)。ただし、2005年には演奏されていない。これは、前年末に起こったスマトラ島沖地震の犠牲者へ弔意を示し復興の支援を進めるためである。息子ヨハン・シュトラウス2世の行進曲『ハプスブルク万歳』(独: Habsburg Hoch、作品408)、『祖国行進曲』(独: Vaterländischermarsch)に主題が引用されている。オーストリア人作家ヨーゼフ・ロートによる同名の長編小説がある(独: Radetzkymarsch、1932年)。曲は前奏→主題→展開部→中間部→前奏→主題→展開部の構成。ニ長調。
rdfs:label
  • ラデツキー行進曲
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:題名 of
is foaf:primaryTopic of