Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ラテン帝国 は1204年に第4回十字軍の後にコンスタンティノープルで樹立して1261年に同都市がビザンツ・ギリシャ人によって奪還されるまで続いた十字軍国家用の歴史学上の慣習である。この名称の由来は帝国のカトリック教会並びに西欧の人々("ラテン人")の性質に由来する。 その公式名称が Imperium Romaniae (ラテン語: "ロマニア")である帝国は、第4回十字軍によって解体されて分割された 東ローマ帝国の直接の相続人であることを主張した。けれどもこの主張はビザンツ・ギリシャ人の後継国家であるニカイア帝国、トレビゾンド帝国及びエピロス専制侯国によって異を唱えられた。これら3国の中からニケーア帝国が1261年にラテン帝国に取って代わることに成功して東ローマ帝国を復活させた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2379097 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 8829 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 94 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59107008 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ラテン帝国 は1204年に第4回十字軍の後にコンスタンティノープルで樹立して1261年に同都市がビザンツ・ギリシャ人によって奪還されるまで続いた十字軍国家用の歴史学上の慣習である。この名称の由来は帝国のカトリック教会並びに西欧の人々("ラテン人")の性質に由来する。 その公式名称が Imperium Romaniae (ラテン語: "ロマニア")である帝国は、第4回十字軍によって解体されて分割された 東ローマ帝国の直接の相続人であることを主張した。けれどもこの主張はビザンツ・ギリシャ人の後継国家であるニカイア帝国、トレビゾンド帝国及びエピロス専制侯国によって異を唱えられた。これら3国の中からニケーア帝国が1261年にラテン帝国に取って代わることに成功して東ローマ帝国を復活させた。
rdfs:label
  • ラテン皇帝一覧
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of