Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ラテン帝国(ラテンていこく、1204年 - 1261年)は、第4回十字軍がコンスタンティノポリスを攻めて東ローマ帝国をひとたび滅亡させた後、コンスタンティノポリスに立てられたカトリック国家である。いわゆる十字軍国家の1つ。正式名はロマニア帝国(ラテン語: Imperium Romaniae)という。ロマニアとは「ローマ人の地」の意味で東ローマ帝国の後継国家を目指す意味を持っていた。1261年、東ローマ帝国の亡命政権のひとつであるニカイア帝国に滅ぼされた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 26770 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2624 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 63 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55056480 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2012 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ソートキー
  • らてんていこく___世界史
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ラテン帝国(ラテンていこく、1204年 - 1261年)は、第4回十字軍がコンスタンティノポリスを攻めて東ローマ帝国をひとたび滅亡させた後、コンスタンティノポリスに立てられたカトリック国家である。いわゆる十字軍国家の1つ。正式名はロマニア帝国(ラテン語: Imperium Romaniae)という。ロマニアとは「ローマ人の地」の意味で東ローマ帝国の後継国家を目指す意味を持っていた。1261年、東ローマ帝国の亡命政権のひとつであるニカイア帝国に滅ぼされた。
rdfs:label
  • ラテン帝国
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:没地 of
is foaf:primaryTopic of