Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ラティメリア (Latimeria ) は、シーラカンス唯一の現生属である。他のシーラカンスが地質時代に繁栄し白亜紀末までに絶滅したのに対し、当時と大きく違わない形態で生きており、生きている化石とされる。
dbpedia-owl:class
dbpedia-owl:colour
dbpedia-owl:colourName
  • 動物界
dbpedia-owl:conservationStatus
  • CR
  • VU
dbpedia-owl:conservationStatusSystem
  • iucn3.1
dbpedia-owl:division
dbpedia-owl:family
dbpedia-owl:kingdom
dbpedia-owl:order
dbpedia-owl:phylum
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1924269 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 8720 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 96 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58420266 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:status
  • CR
  • VU
prop-ja:statusSystem
  • iucn3.1
prop-ja:statusText
  • * ワシントン条約附属書I
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:下位分類
  • * *
prop-ja:下位分類名
prop-ja:下綱
  • 総鰭下綱
prop-ja:亜綱
  • 肉鰭亜綱
prop-ja:亜門
  • 脊椎動物亜門
prop-ja:名称
  • ラティメリア
prop-ja:和名
  • インドネシアシーラカンス
  • コモロシーラカンス
prop-ja:
  • ラティメリア属
prop-ja:画像
  • 255 (xsd:integer)
  • 270 (xsd:integer)
prop-ja:画像キャプション
  • Latimeria chalumnae
  • (オーストリアのウィーン自然史博物館)
  • ラティメリア・カルムナエの液浸標本
  • の液浸標本
  • (日本、東京の葛西臨海水族園)
prop-ja:
  • 動物界
prop-ja:
  • シーラカンス目
prop-ja:
  • ラティメリア科
prop-ja:
  • 硬骨魚綱
prop-ja:
  • 動物界
prop-ja:英名
  • Indonesian coelacanth
  • West Indian Ocean coelacanth
prop-ja:
  • 脊索動物門
dc:description
  • Latimeria chalumnae
  • (オーストリアのウィーン自然史博物館)
  • ラティメリア・カルムナエの液浸標本
  • の液浸標本
  • (日本、東京の葛西臨海水族園)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ラティメリア (Latimeria ) は、シーラカンス唯一の現生属である。他のシーラカンスが地質時代に繁栄し白亜紀末までに絶滅したのに対し、当時と大きく違わない形態で生きており、生きている化石とされる。
rdfs:label
  • ラティメリア
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Indonesian coelacanth
  • West Indian Ocean coelacanth
  • インドネシアシーラカンス
  • コモロシーラカンス
  • ラティメリア
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of