ラップ (rap) とは、音楽手法、歌唱法の一つ。「韻律、リズミカルな演説、ストリートの言葉」を組み込み、バックビートや伴奏など様々な方法で唱えられる。ラップの要素には、「内容」(何が言われているか)、「フロウ」(リズム、韻)、「話し方」(終止、声調)が含まれる。ラップはインストルメンタルトラックの時間通りに実行されるという点で、スポークン・ワードとは異なる。ラップはしばしばヒップホップ・ミュージックと関連しており、ヒップホップ・ミュージックの主要な要素ではあるが、この現象の起源はヒップホップ文化より先立っている。近代的なラップの最も初期の先駆けは、南アフリカのグリオの伝統である。それは「口頭伝承者」 や「賛歌歌手」が、伝承や系譜を広めるか、あるいは「称賛または個人批評」のために恐るべき修辞的な技術を使用していた。 英語ではラップのことを rhyming(ライミング)、spitting (スピッティング)、emceeing / MCing(エムシーイング)とも言う。ラップをする人のことをラッパー (rapper) やMCと言う。

Property Value
dbo:abstract
  • ラップ (rap) とは、音楽手法、歌唱法の一つ。「韻律、リズミカルな演説、ストリートの言葉」を組み込み、バックビートや伴奏など様々な方法で唱えられる。ラップの要素には、「内容」(何が言われているか)、「フロウ」(リズム、韻)、「話し方」(終止、声調)が含まれる。ラップはインストルメンタルトラックの時間通りに実行されるという点で、スポークン・ワードとは異なる。ラップはしばしばヒップホップ・ミュージックと関連しており、ヒップホップ・ミュージックの主要な要素ではあるが、この現象の起源はヒップホップ文化より先立っている。近代的なラップの最も初期の先駆けは、南アフリカのグリオの伝統である。それは「口頭伝承者」 や「賛歌歌手」が、伝承や系譜を広めるか、あるいは「称賛または個人批評」のために恐るべき修辞的な技術を使用していた。 英語ではラップのことを rhyming(ライミング)、spitting (スピッティング)、emceeing / MCing(エムシーイング)とも言う。ラップをする人のことをラッパー (rapper) やMCと言う。 (ja)
  • ラップ (rap) とは、音楽手法、歌唱法の一つ。「韻律、リズミカルな演説、ストリートの言葉」を組み込み、バックビートや伴奏など様々な方法で唱えられる。ラップの要素には、「内容」(何が言われているか)、「フロウ」(リズム、韻)、「話し方」(終止、声調)が含まれる。ラップはインストルメンタルトラックの時間通りに実行されるという点で、スポークン・ワードとは異なる。ラップはしばしばヒップホップ・ミュージックと関連しており、ヒップホップ・ミュージックの主要な要素ではあるが、この現象の起源はヒップホップ文化より先立っている。近代的なラップの最も初期の先駆けは、南アフリカのグリオの伝統である。それは「口頭伝承者」 や「賛歌歌手」が、伝承や系譜を広めるか、あるいは「称賛または個人批評」のために恐るべき修辞的な技術を使用していた。 英語ではラップのことを rhyming(ライミング)、spitting (スピッティング)、emceeing / MCing(エムシーイング)とも言う。ラップをする人のことをラッパー (rapper) やMCと言う。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 22242 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 7786 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81373370 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • ラップ (rap) とは、音楽手法、歌唱法の一つ。「韻律、リズミカルな演説、ストリートの言葉」を組み込み、バックビートや伴奏など様々な方法で唱えられる。ラップの要素には、「内容」(何が言われているか)、「フロウ」(リズム、韻)、「話し方」(終止、声調)が含まれる。ラップはインストルメンタルトラックの時間通りに実行されるという点で、スポークン・ワードとは異なる。ラップはしばしばヒップホップ・ミュージックと関連しており、ヒップホップ・ミュージックの主要な要素ではあるが、この現象の起源はヒップホップ文化より先立っている。近代的なラップの最も初期の先駆けは、南アフリカのグリオの伝統である。それは「口頭伝承者」 や「賛歌歌手」が、伝承や系譜を広めるか、あるいは「称賛または個人批評」のために恐るべき修辞的な技術を使用していた。 英語ではラップのことを rhyming(ライミング)、spitting (スピッティング)、emceeing / MCing(エムシーイング)とも言う。ラップをする人のことをラッパー (rapper) やMCと言う。 (ja)
  • ラップ (rap) とは、音楽手法、歌唱法の一つ。「韻律、リズミカルな演説、ストリートの言葉」を組み込み、バックビートや伴奏など様々な方法で唱えられる。ラップの要素には、「内容」(何が言われているか)、「フロウ」(リズム、韻)、「話し方」(終止、声調)が含まれる。ラップはインストルメンタルトラックの時間通りに実行されるという点で、スポークン・ワードとは異なる。ラップはしばしばヒップホップ・ミュージックと関連しており、ヒップホップ・ミュージックの主要な要素ではあるが、この現象の起源はヒップホップ文化より先立っている。近代的なラップの最も初期の先駆けは、南アフリカのグリオの伝統である。それは「口頭伝承者」 や「賛歌歌手」が、伝承や系譜を広めるか、あるいは「称賛または個人批評」のために恐るべき修辞的な技術を使用していた。 英語ではラップのことを rhyming(ライミング)、spitting (スピッティング)、emceeing / MCing(エムシーイング)とも言う。ラップをする人のことをラッパー (rapper) やMCと言う。 (ja)
rdfs:label
  • ラップ (ja)
  • ラップ (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:bandMember of
is dbo:genre of
is dbo:instrument of
is dbo:occupation of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:background of
is prop-ja:currentMembers of
is prop-ja:extraColumn of
is prop-ja:genre of
is prop-ja:instrument of
is prop-ja:instruments of
is prop-ja:misc2Data of
is prop-ja:notableInstruments of
is prop-ja:occupation of
is prop-ja:stylisticOrigins of
is prop-ja:writer of
is prop-ja:その他 of
is prop-ja:ジャンル of
is prop-ja:メンバー of
is prop-ja:他の活動 of
is prop-ja:担当楽器 of
is prop-ja:旧メンバー of
is prop-ja:活動内容 of
is prop-ja:範囲 of
is prop-ja:職業 of
is prop-ja:芸風 of
is foaf:primaryTopic of