Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ラウンドアバウト(英: roundabout、日本語:環状交差点)とは交差点の一種である。通常3本以上の道路を円形のスペースを介して接続したもので、この円形のスペースの真ん中には中央島と呼ばれる、円形の通行できない区域がある。車両はこの中央島の周りの環状の道路(環道)を一方向に(右側通行なら反時計回り、左側通行なら時計回り)通行する。日本における円形道路の交差点としてはロータリー交差点(円形交差点)のみが定義されていたが、2013年6月14日法律第43号改正の道路交通法により「環状の交差点における右回り通行」(標識327の10)として現代的ラウンドアバウトが定義された。国土交通省もラウンドアバウトを整備するときの適用条件・留意事項を示して、2014年9月1日から本格的な運用が始まった。円形道路の交差点をあらわす単語にロータリー交差点(円形交差点)もあるが、本項では特に断らない限り、ラウンドアバウト(環状交差点)とは環状の道路に信号や一時停止がないなどの特徴をもったロータリーの一種、つまり現代的ラウンドアバウト (modern roundabout) を指し、そのような特徴を持たないロータリー(現代的ラウンドアバウトではないロータリー)とは区別して扱う。なお、スコットランドのダンディーではラウンドアバウトを"circle"と呼ぶ。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 392268 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 29321 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 112 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59097999 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ラウンドアバウト(英: roundabout、日本語:環状交差点)とは交差点の一種である。通常3本以上の道路を円形のスペースを介して接続したもので、この円形のスペースの真ん中には中央島と呼ばれる、円形の通行できない区域がある。車両はこの中央島の周りの環状の道路(環道)を一方向に(右側通行なら反時計回り、左側通行なら時計回り)通行する。日本における円形道路の交差点としてはロータリー交差点(円形交差点)のみが定義されていたが、2013年6月14日法律第43号改正の道路交通法により「環状の交差点における右回り通行」(標識327の10)として現代的ラウンドアバウトが定義された。国土交通省もラウンドアバウトを整備するときの適用条件・留意事項を示して、2014年9月1日から本格的な運用が始まった。円形道路の交差点をあらわす単語にロータリー交差点(円形交差点)もあるが、本項では特に断らない限り、ラウンドアバウト(環状交差点)とは環状の道路に信号や一時停止がないなどの特徴をもったロータリーの一種、つまり現代的ラウンドアバウト (modern roundabout) を指し、そのような特徴を持たないロータリー(現代的ラウンドアバウトではないロータリー)とは区別して扱う。なお、スコットランドのダンディーではラウンドアバウトを"circle"と呼ぶ。
rdfs:label
  • ラウンドアバウト
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of