Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ラウブル(バスク語:Lauburu)は、バスク十字とも呼ばれる十字の1つ。卍に似た曲線状の4本のアームを持つ。このシンボルは、ケルト人やゲルマン人のような他のヨーロッパの民族の芸術的表現において多く見られるだけでなく、西ゴート族の絵画や彫刻でも見られる。また、ラウブルはアストゥリアス州やガリシア州の穀物庫であるオレオ(es)にも残されており、この場合は単にテトラスケレス(tetrasqueles)と呼ばれている。ラウブルはアラゴン州ではクアトレフエーリャス(cuatrefuellas)またはレリガーダス(religadas)と呼ばれ、4本かそれ以上の曲線を持つ卍として紋章の中で描かれている。ラウブルは現在、バスク人にとって最も有名でバスクを象徴するものと認識されているが、歴史的に用いられてきたことはない。たとえば、文化的にバスク国とみなされる土地のいずれの紋章にも旗にも、ラウブルが描かれたことはないのである。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3068308 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4615 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 34 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55885495 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ラウブル(バスク語:Lauburu)は、バスク十字とも呼ばれる十字の1つ。卍に似た曲線状の4本のアームを持つ。このシンボルは、ケルト人やゲルマン人のような他のヨーロッパの民族の芸術的表現において多く見られるだけでなく、西ゴート族の絵画や彫刻でも見られる。また、ラウブルはアストゥリアス州やガリシア州の穀物庫であるオレオ(es)にも残されており、この場合は単にテトラスケレス(tetrasqueles)と呼ばれている。ラウブルはアラゴン州ではクアトレフエーリャス(cuatrefuellas)またはレリガーダス(religadas)と呼ばれ、4本かそれ以上の曲線を持つ卍として紋章の中で描かれている。ラウブルは現在、バスク人にとって最も有名でバスクを象徴するものと認識されているが、歴史的に用いられてきたことはない。たとえば、文化的にバスク国とみなされる土地のいずれの紋章にも旗にも、ラウブルが描かれたことはないのである。
rdfs:label
  • ラウブル
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of