Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:Stream/discharge
  • 2300.0
dbpedia-owl:Stream/watershed
  • 185000.0
dbpedia-owl:abstract
  • ライン川(ラインがわ、阿:Rhy、巴 / 独: Rhein、蘭: Rijn、仏: Rhin、英: Rhine、羅: Rhenus)は、ヨーロッパを流れる川。スイスアルプスのトーマ湖に端を発し、ボーデン湖に入りドイツ・フランスの国境を北に向かう、ストラスブールを越えてカールスルーエの少し南からドイツ国内を流れ、ボン、ケルン、デュッセルドルフ、デュイスブルクなどを通過しオランダ国内へと入ったあと2分岐し、ワール川とレク川となりロッテルダム付近で北海に注いでいる。全長1,233キロ。そのうちドイツを流れるのは698キロである。ドイツにとっては特に重要な川であり、ライン流域を主軸のひとつとしてドイツ史は展開していった。また、ドイツ語の名詞には男性名詞と女性名詞があるが、河川のほとんどは女性名詞であるのに対し、ライン川、マイン川、ネッカー川などごく少数の川だけは男性形であらわされる。そのこともあって、ドイツ人はこの川を「父なる川」と呼んでいる。ドナウ川とともに、外国の船が自由に航行する国際河川の一つ。下流地域は川幅が広く流れが穏やかなため、水運が盛んである。バーゼルから河口までのライン川流域圏はブルーバナナ(「太平洋ベルト」の西欧版)の一部を成す。また、産業革命の中心地のひとつとなったルール工業地帯もライン川とルール川に挟まれる形で位置しており、その充実した内陸水路と豊富な地下資源によって発達した。
dbpedia-owl:discharge
  • 2300.000000 (xsd:double)
dbpedia-owl:elevation
  • 1602.000000 (xsd:double)
dbpedia-owl:riverMouth
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:watershed
  • 185000000000.000000 (xsd:double)
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 46671 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 17070 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 332 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57284864 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:名称
  • ライン川
prop-ja:延長
  • 1233 (xsd:integer)
prop-ja:標高
  • 1602 (xsd:integer)
prop-ja:水源
prop-ja:河口
prop-ja:流域面積
  • 185000 (xsd:integer)
prop-ja:流量
  • 2300 (xsd:integer)
prop-ja:画像
  • --07-20
prop-ja:画像説明
  • ライン峡谷(スイス・グラウビュンデン)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ライン川(ラインがわ、阿:Rhy、巴 / 独: Rhein、蘭: Rijn、仏: Rhin、英: Rhine、羅: Rhenus)は、ヨーロッパを流れる川。スイスアルプスのトーマ湖に端を発し、ボーデン湖に入りドイツ・フランスの国境を北に向かう、ストラスブールを越えてカールスルーエの少し南からドイツ国内を流れ、ボン、ケルン、デュッセルドルフ、デュイスブルクなどを通過しオランダ国内へと入ったあと2分岐し、ワール川とレク川となりロッテルダム付近で北海に注いでいる。全長1,233キロ。そのうちドイツを流れるのは698キロである。ドイツにとっては特に重要な川であり、ライン流域を主軸のひとつとしてドイツ史は展開していった。また、ドイツ語の名詞には男性名詞と女性名詞があるが、河川のほとんどは女性名詞であるのに対し、ライン川、マイン川、ネッカー川などごく少数の川だけは男性形であらわされる。そのこともあって、ドイツ人はこの川を「父なる川」と呼んでいる。ドナウ川とともに、外国の船が自由に航行する国際河川の一つ。下流地域は川幅が広く流れが穏やかなため、水運が盛んである。バーゼルから河口までのライン川流域圏はブルーバナナ(「太平洋ベルト」の西欧版)の一部を成す。また、産業革命の中心地のひとつとなったルール工業地帯もライン川とルール川に挟まれる形で位置しており、その充実した内陸水路と豊富な地下資源によって発達した。
rdfs:label
  • ライン川
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ライン川
is dbpedia-owl:riverMouth of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:crosses of
is prop-ja:inflow of
is prop-ja:nickname of
is prop-ja:outflow of
is prop-ja:水源 of
is prop-ja:水系 of
is prop-ja:河口 of
is foaf:primaryTopic of