Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ラインホルド・ニーバー(英語:Reinhold Niebuhr, 1892年6月21日 - 1971年6月1日)は、アメリカの自由主義神学者、政治や社会問題についてのコメンテーターである。1920年代に左派の牧師として登場し、1930年代には新正統主義へと立場を変え、どのように傲慢(英語:pride)の罪が悪をこの世に作りだすかを説明した。そして、キリスト教的リアリズムとして知られる神学に影響を受けた哲学的な考え方を作りだした。ニーバーは、現実に取り組むことのない空想的な理想主義(ユートピアニズム)を非難し、1944年『光の子と闇の子』では以下のように書いている。「正義を取り扱うことのできる人間の能力が民主主義を可能にする。しかし、不正義に陥りがちな人間の傾向が民主主義を必要とする。」1945年以降、ニーバーのリアリズムは深化したとされ、結果としてソビエト連邦と対峙するアメリカの支援に彼を導いたとされる。キリスト教的な教義と結びつけられた、外交問題についてのリアリズム及び近代的「正しい戦争」についての提言によって、長きにわたって社会的な影響力を保持した。ニーバーの、政治・宗教観は、多くのリベラルに影響を与え、「現実主義的な」対外政策を後押しすることとなった。アメリカの対外政策についての近年のリーダーたち、ジミー・カーター、マデレーン・オルブライト、ヒラリー・クリントン、ジョン・マケイン、バラク・オバマなどは、彼ら自身へのニーバーの重要性を認めている。
dbpedia-owl:alias
  • Reinhold Niebuhr
dbpedia-owl:award
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:deathDate
  • 1971-06-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:deathPlace
dbpedia-owl:occupation
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 215526 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 27954 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 173 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58627927 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:align
  • left
  • right
prop-ja:bgcolor
  • #ACE1AF
prop-ja:quote
  • 政治の本質は、人間の非合理性を、合理的に方向づけるところに存在する。
  • 人間の悲劇とは、自身の完全さを思い浮かべることは可能だが、それを達成することは不可能なことである。
prop-ja:salign
  • right
prop-ja:source
  • -ラインホルド・ニーバー
prop-ja:width
  • 30 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ふりがな
  • Reinhold Niebuhr
prop-ja:出生名
  • Karl Paul Reinhold Niebuhr
prop-ja:受賞
  • 1964 (xsd:integer)
prop-ja:宗派
prop-ja:教育
  • エルムハースト大学、エデン神学校、エール神学専門学校
prop-ja:死没地
  • マサチューセッツ州、ストックブリッジ
  • アメリカ、
prop-ja:氏名
  • ラインホルド・ニーバー
prop-ja:没年月日
  • 1971-06-01 (xsd:date)
prop-ja:活動期間
  • 1915 (xsd:integer)
prop-ja:生誕地
  • アメリカ、
  • ミズーリ州、ライトシティ
prop-ja:職業
prop-ja:著名な実績
prop-ja:配偶者
  • ウルスラ・ケッペル-コンプトン
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ラインホルド・ニーバー(英語:Reinhold Niebuhr, 1892年6月21日 - 1971年6月1日)は、アメリカの自由主義神学者、政治や社会問題についてのコメンテーターである。1920年代に左派の牧師として登場し、1930年代には新正統主義へと立場を変え、どのように傲慢(英語:pride)の罪が悪をこの世に作りだすかを説明した。そして、キリスト教的リアリズムとして知られる神学に影響を受けた哲学的な考え方を作りだした。ニーバーは、現実に取り組むことのない空想的な理想主義(ユートピアニズム)を非難し、1944年『光の子と闇の子』では以下のように書いている。「正義を取り扱うことのできる人間の能力が民主主義を可能にする。しかし、不正義に陥りがちな人間の傾向が民主主義を必要とする。」1945年以降、ニーバーのリアリズムは深化したとされ、結果としてソビエト連邦と対峙するアメリカの支援に彼を導いたとされる。キリスト教的な教義と結びつけられた、外交問題についてのリアリズム及び近代的「正しい戦争」についての提言によって、長きにわたって社会的な影響力を保持した。ニーバーの、政治・宗教観は、多くのリベラルに影響を与え、「現実主義的な」対外政策を後押しすることとなった。アメリカの対外政策についての近年のリーダーたち、ジミー・カーター、マデレーン・オルブライト、ヒラリー・クリントン、ジョン・マケイン、バラク・オバマなどは、彼ら自身へのニーバーの重要性を認めている。
rdfs:label
  • ラインホルド・ニーバー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ラインホルド・ニーバー
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:influences of
is foaf:primaryTopic of