ライフ(Life)はアメリカで発行されていた雑誌。写真を中心とした誌面で「グラフ雑誌」と言われる。 フォトジャーナリズムという文章記事よりも写真を中心に報道・言論を構成しようという考え方はすでにヨーロッパ(特にドイツ)で試みられていた。ライフ誌はカメラマンをスタッフという専属的な所属とし、撮影から記事・レイアウト等の編集のスタイルを一貫させ、「フォト・エッセイ」と称した。第二次世界大戦前から戦後復興期、テレビの本格普及前までが黄金期で、アメリカの思想・政治・外交を世界に魅力的に伝える媒体であった。

Property Value
dbo:abstract
  • ライフ(Life)はアメリカで発行されていた雑誌。写真を中心とした誌面で「グラフ雑誌」と言われる。 フォトジャーナリズムという文章記事よりも写真を中心に報道・言論を構成しようという考え方はすでにヨーロッパ(特にドイツ)で試みられていた。ライフ誌はカメラマンをスタッフという専属的な所属とし、撮影から記事・レイアウト等の編集のスタイルを一貫させ、「フォト・エッセイ」と称した。第二次世界大戦前から戦後復興期、テレビの本格普及前までが黄金期で、アメリカの思想・政治・外交を世界に魅力的に伝える媒体であった。 (ja)
  • ライフ(Life)はアメリカで発行されていた雑誌。写真を中心とした誌面で「グラフ雑誌」と言われる。 フォトジャーナリズムという文章記事よりも写真を中心に報道・言論を構成しようという考え方はすでにヨーロッパ(特にドイツ)で試みられていた。ライフ誌はカメラマンをスタッフという専属的な所属とし、撮影から記事・レイアウト等の編集のスタイルを一貫させ、「フォト・エッセイ」と称した。第二次世界大戦前から戦後復興期、テレビの本格普及前までが黄金期で、アメリカの思想・政治・外交を世界に魅力的に伝える媒体であった。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 698297 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 32410 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 79965726 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:based
prop-ja:category
prop-ja:circulationYear
  • 1937 (xsd:integer)
prop-ja:company
prop-ja:editorTitle
  • 編集主幹 (ja)
  • 編集主幹 (ja)
prop-ja:frequency
  • 月刊 (ja)
  • 週刊 (ja)
  • 月刊 (ja)
  • 週刊 (ja)
prop-ja:imageCaption
  • --06-19
prop-ja:imageFile
  • LIFE 06191944 Eisenhower cover.jpg (ja)
  • LIFE 06191944 Eisenhower cover.jpg (ja)
prop-ja:imageSize
  • 220 (xsd:integer)
prop-ja:issn
  • 24 (xsd:integer)
prop-ja:language
  • 英語 (ja)
  • 英語 (ja)
prop-ja:publisher
prop-ja:title
  • LIFE (ja)
  • ライフ (ja)
  • LIFE (ja)
  • ライフ (ja)
prop-ja:totalCirculation
  • 1000000 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ライフ(Life)はアメリカで発行されていた雑誌。写真を中心とした誌面で「グラフ雑誌」と言われる。 フォトジャーナリズムという文章記事よりも写真を中心に報道・言論を構成しようという考え方はすでにヨーロッパ(特にドイツ)で試みられていた。ライフ誌はカメラマンをスタッフという専属的な所属とし、撮影から記事・レイアウト等の編集のスタイルを一貫させ、「フォト・エッセイ」と称した。第二次世界大戦前から戦後復興期、テレビの本格普及前までが黄金期で、アメリカの思想・政治・外交を世界に魅力的に伝える媒体であった。 (ja)
  • ライフ(Life)はアメリカで発行されていた雑誌。写真を中心とした誌面で「グラフ雑誌」と言われる。 フォトジャーナリズムという文章記事よりも写真を中心に報道・言論を構成しようという考え方はすでにヨーロッパ(特にドイツ)で試みられていた。ライフ誌はカメラマンをスタッフという専属的な所属とし、撮影から記事・レイアウト等の編集のスタイルを一貫させ、「フォト・エッセイ」と称した。第二次世界大戦前から戦後復興期、テレビの本格普及前までが黄金期で、アメリカの思想・政治・外交を世界に魅力的に伝える媒体であった。 (ja)
rdfs:label
  • ライフ (雑誌) (ja)
  • ライフ (雑誌) (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is dct:subject of
is foaf:primaryTopic of