Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ライフリング(rifling)は、銃砲の銃砲身内に施された螺旋状の溝を意味し、日本語では施条(しじょう)、あるいは腔綫(腔線)(こうせん、綫は線の別体。常用漢字でないため「線」と書くこともある)、もしくは腔施と呼ぶ。この螺旋状の浅い溝で銃身内で加速される弾丸に旋回運動を与え、ジャイロ効果により弾軸の安定を図り直進性を高める目的で用いられる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 27235 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4853 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 111 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58915577 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:align
  • right
prop-ja:direction
  • horizontal
prop-ja:footer
  • 左:砲腔内の施条溝を追従するよう、周囲にリベットを設けたライット・システムの砲弾図解
  • 右:戊辰戦争で使用された四斤山砲の砲弾。ライット・システムである
prop-ja:footerAlign
  • left
prop-ja:headerAlign
  • left/right/center
prop-ja:image
  • Shell Japan.jpg
  • Shell La Hitte.jpg
prop-ja:width
  • 190 (xsd:integer)
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ライフリング(rifling)は、銃砲の銃砲身内に施された螺旋状の溝を意味し、日本語では施条(しじょう)、あるいは腔綫(腔線)(こうせん、綫は線の別体。常用漢字でないため「線」と書くこともある)、もしくは腔施と呼ぶ。この螺旋状の浅い溝で銃身内で加速される弾丸に旋回運動を与え、ジャイロ効果により弾軸の安定を図り直進性を高める目的で用いられる。
rdfs:label
  • ライフリング
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:ライフリング of
is foaf:primaryTopic of