ライフセービング(英: lifesaving, life saving、救命行為)という言葉は、ヨーロッパを発祥とする救助、蘇生、応急処置、とくに一次救命処置のことである。海に限らず川・湖沼・プールなど水辺の事故に対する救命活動を意味することが多いが、ライフセービングとは本来、氷上や山岳地における救助、洪水などの災害時の救命活動、糖尿病や心臓発作、高山病、低体温症や凍傷、熱中症、ショックの治療といった救急医療活動も含む。 本項では日本の現状を汲み、水辺における人命救助・事故防止をボランティアで行う社会活動をライフセービングと称する。

Property Value
dbo:abstract
  • ライフセービング(英: lifesaving, life saving、救命行為)という言葉は、ヨーロッパを発祥とする救助、蘇生、応急処置、とくに一次救命処置のことである。海に限らず川・湖沼・プールなど水辺の事故に対する救命活動を意味することが多いが、ライフセービングとは本来、氷上や山岳地における救助、洪水などの災害時の救命活動、糖尿病や心臓発作、高山病、低体温症や凍傷、熱中症、ショックの治療といった救急医療活動も含む。 本項では日本の現状を汲み、水辺における人命救助・事故防止をボランティアで行う社会活動をライフセービングと称する。 (ja)
  • ライフセービング(英: lifesaving, life saving、救命行為)という言葉は、ヨーロッパを発祥とする救助、蘇生、応急処置、とくに一次救命処置のことである。海に限らず川・湖沼・プールなど水辺の事故に対する救命活動を意味することが多いが、ライフセービングとは本来、氷上や山岳地における救助、洪水などの災害時の救命活動、糖尿病や心臓発作、高山病、低体温症や凍傷、熱中症、ショックの治療といった救急医療活動も含む。 本項では日本の現状を汲み、水辺における人命救助・事故防止をボランティアで行う社会活動をライフセービングと称する。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 405593 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 32833 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 79619646 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • ライフセービング(英: lifesaving, life saving、救命行為)という言葉は、ヨーロッパを発祥とする救助、蘇生、応急処置、とくに一次救命処置のことである。海に限らず川・湖沼・プールなど水辺の事故に対する救命活動を意味することが多いが、ライフセービングとは本来、氷上や山岳地における救助、洪水などの災害時の救命活動、糖尿病や心臓発作、高山病、低体温症や凍傷、熱中症、ショックの治療といった救急医療活動も含む。 本項では日本の現状を汲み、水辺における人命救助・事故防止をボランティアで行う社会活動をライフセービングと称する。 (ja)
  • ライフセービング(英: lifesaving, life saving、救命行為)という言葉は、ヨーロッパを発祥とする救助、蘇生、応急処置、とくに一次救命処置のことである。海に限らず川・湖沼・プールなど水辺の事故に対する救命活動を意味することが多いが、ライフセービングとは本来、氷上や山岳地における救助、洪水などの災害時の救命活動、糖尿病や心臓発作、高山病、低体温症や凍傷、熱中症、ショックの治療といった救急医療活動も含む。 本項では日本の現状を汲み、水辺における人命救助・事故防止をボランティアで行う社会活動をライフセービングと称する。 (ja)
rdfs:label
  • ライフセービング (ja)
  • ライフセービング (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:目的 of
is foaf:primaryTopic of