Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ライト・パターソン空軍基地(ライト・パターソンくうぐんきち英: Wright-Patterson Air Force Base)はアメリカ合衆国オハイオ州に位置するアメリカ空軍の基地である。基地の名はライト兄弟(現在は基地の敷地であるハフマンプレーリー内で飛行活動を行った)とフランク・スチュアート・パターソン(NCRの共同創設者の親族であり、1918年に航空機事故で死亡した)にちなんで名付けられた。ライト・パターソン空軍基地には米空軍資材コマンド(空軍直属部隊のひとつ)の本部がある。通称「Wright-Patt」と呼ばれるこの基地には、米空軍医療センター(病院)、空軍工科大学、国立アメリカ空軍博物館が位置している。空軍予備役軍団に所属する第445空輸航空団の本部でもあり、航空機動軍団所属のC-5 ギャラクシー重輸送機も離着陸する。さらには航空システムセンター及び空軍研究所の本部も所在する。2000年の国勢調査において、基地全体が一つの国勢調査指定地域であった。これにはモンゴメリー郡リバーサイドの一部も含まれる。その調査では6,656人の居住者を数えた。2005年9月30日現在の基地内の恒久的な就労者人口は5,517人の軍人と8,102人の民間人を数えた。ライト・パターソン空軍基地では年に一度、空軍記念日(9月18日)に最も近い土曜日にアメリカ空軍マラソンが催される。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1656076 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 9319 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 128 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58675299 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • --10-10
  • オハイオ州内の位置
prop-ja:elevationF
  • 823 (xsd:integer)
prop-ja:elevationM
  • 251 (xsd:integer)
prop-ja:ensign
  • Air Force Materiel Command.png
prop-ja:ensignSize
  • 80 (xsd:integer)
prop-ja:faa
  • FFO
prop-ja:footnotes
  • 出典: FAA資料 及び公式サイト.
prop-ja:iata
  • FFO
prop-ja:icao
  • KFFO
prop-ja:image
  • OHMap-doton-Wright-Patterson_AFB.png
prop-ja:image2Width
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:imageWidth
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:location
  • オハイオ州デイトン
prop-ja:metricElev
  • y
prop-ja:name
  • ライト・パターソン空軍基地
prop-ja:nativename
  • Wright-Patterson Air Force Base
prop-ja:occupants
prop-ja:operator
prop-ja:r1Ils
  • YES
prop-ja:r1LengthF
  • 12601 (xsd:integer)
prop-ja:r1LengthM
  • 3841 (xsd:integer)
prop-ja:r1Number
  • 5 (xsd:integer)
prop-ja:r1Surface
  • PEM
prop-ja:r2Ils
  • NO
prop-ja:r2LengthF
  • 7000 (xsd:integer)
prop-ja:r2LengthM
  • 2134 (xsd:integer)
prop-ja:r2Number
  • 5 (xsd:integer)
prop-ja:r2Surface
prop-ja:type
  • 軍用
prop-ja:used
  • 1948 (xsd:integer)
prop-ja:website
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
georss:point
  • 39.798611111111114 -84.0838888888889
rdf:type
rdfs:comment
  • ライト・パターソン空軍基地(ライト・パターソンくうぐんきち英: Wright-Patterson Air Force Base)はアメリカ合衆国オハイオ州に位置するアメリカ空軍の基地である。基地の名はライト兄弟(現在は基地の敷地であるハフマンプレーリー内で飛行活動を行った)とフランク・スチュアート・パターソン(NCRの共同創設者の親族であり、1918年に航空機事故で死亡した)にちなんで名付けられた。ライト・パターソン空軍基地には米空軍資材コマンド(空軍直属部隊のひとつ)の本部がある。通称「Wright-Patt」と呼ばれるこの基地には、米空軍医療センター(病院)、空軍工科大学、国立アメリカ空軍博物館が位置している。空軍予備役軍団に所属する第445空輸航空団の本部でもあり、航空機動軍団所属のC-5 ギャラクシー重輸送機も離着陸する。さらには航空システムセンター及び空軍研究所の本部も所在する。2000年の国勢調査において、基地全体が一つの国勢調査指定地域であった。これにはモンゴメリー郡リバーサイドの一部も含まれる。その調査では6,656人の居住者を数えた。2005年9月30日現在の基地内の恒久的な就労者人口は5,517人の軍人と8,102人の民間人を数えた。ライト・パターソン空軍基地では年に一度、空軍記念日(9月18日)に最も近い土曜日にアメリカ空軍マラソンが催される。
rdfs:label
  • ライト・パターソン空軍基地
owl:sameAs
geo:lat
  • 39.798611 (xsd:float)
geo:long
  • -84.083885 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:manufacturer of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:所在地 of
is foaf:primaryTopic of