Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ヨーロッパ通常戦力条約(ヨーロッパつうじょうせんりょくじょうやく、英名:Treaty on Conventional Armed Forces in Europe)は、欧州各国が核兵器以外の通常戦力の削減について締結した条約。通称CFE条約。第二次世界大戦後初の通常戦力削減に関する軍縮条約である。署名は1990年11月、暫定発効を経て1992年11月に正式発効した。条約が提起され、締結について議論されたのが冷戦中であり、条約は冷戦の継続を前提として通常戦力の削減について定めている。その後、冷戦終結による国際情勢の変化などを受け、1997年1月から、いわゆる条約の適合化交渉が始まり、1999年11月に条約適合のための合意文書、通称「CFE適合条約」が作成された。ただ、同適合条約はロシア連邦など一部の国のみが批准しており発効していない。2007年12月12日、ロシアはNATO諸国がCFEを批准していないとしてCFE履行の一時的な履行停止を宣言した。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 945164 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3033 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 29 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 49951830 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:リンク
prop-ja:効力発生
  • --07-17
prop-ja:署名
  • --11-19
prop-ja:通称
  • CFE条約
prop-ja:題名
  • ヨーロッパ通常戦力条約
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ヨーロッパ通常戦力条約(ヨーロッパつうじょうせんりょくじょうやく、英名:Treaty on Conventional Armed Forces in Europe)は、欧州各国が核兵器以外の通常戦力の削減について締結した条約。通称CFE条約。第二次世界大戦後初の通常戦力削減に関する軍縮条約である。署名は1990年11月、暫定発効を経て1992年11月に正式発効した。条約が提起され、締結について議論されたのが冷戦中であり、条約は冷戦の継続を前提として通常戦力の削減について定めている。その後、冷戦終結による国際情勢の変化などを受け、1997年1月から、いわゆる条約の適合化交渉が始まり、1999年11月に条約適合のための合意文書、通称「CFE適合条約」が作成された。ただ、同適合条約はロシア連邦など一部の国のみが批准しており発効していない。2007年12月12日、ロシアはNATO諸国がCFEを批准していないとしてCFE履行の一時的な履行停止を宣言した。
rdfs:label
  • ヨーロッパ通常戦力条約
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of