Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ヨープスト・フォン・メーレン(独:Jobst von Mähren, 1351年 - 1411年1月18日)は、ルクセンブルク家のモラヴィア辺境伯(在位:1375年 - 1411年)、後にルクセンブルク公(在位:1388年 - 1402年、1407年 - 1411年)、ブランデンブルク選帝侯(在位:1388年 - 1411年)、ドイツ王(対立王、在位:1410年 - 1411年)。チェコ名ヨシュト(Jošt Moravský)、フランス名ジョス(Josse de Moravie)。父はボヘミア王ヨハン(盲目王)の子で神聖ローマ皇帝カール4世の弟であるモラヴィア辺境伯ヨハン・ハインリヒ。母はオパヴァ=ラチブシュ公ミクラーシュ2世の娘マルガレーテ。1372年、ハンガリー宮中伯を務めるオポーレ公ヴワディスワフの娘エルジュビェタと結婚したがすぐに死別、1374年にはヴワディスワフの妹であるアグニェシュカと再婚した。2度の結婚で子供はなかった。1388年に従兄であるハンガリー王ジギスムントよりルクセンブルク公、ブランデンブルク選帝侯などを譲られる。ただし、ブランデンブルクの統治は義弟のマイセン辺境伯ヴィルヘルム1世に委ねていた。また、ルクセンブルクは抵当に入れてオルレアン公ルイに転売した(1407年にルイが暗殺されたため、ルクセンブルクはヨープストに戻った)。神聖ローマ皇帝ループレヒトが1410年に死去すると、ジギスムントの反対にもかかわらずヨープストを次期皇帝に推す選帝侯が(ヨープスト本人以外にも)現れて2人が並び立つ状況が続いたが、翌1411年にヨープストが死亡し、ジギスムントが単独の皇帝になった。ジギスムントはまたブランデンブルク選帝侯にも復位した。ルクセンブルクはジギスムントの姪エリーザベトが相続した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 647307 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2109 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 70 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47074709 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ヨープスト・フォン・メーレン(独:Jobst von Mähren, 1351年 - 1411年1月18日)は、ルクセンブルク家のモラヴィア辺境伯(在位:1375年 - 1411年)、後にルクセンブルク公(在位:1388年 - 1402年、1407年 - 1411年)、ブランデンブルク選帝侯(在位:1388年 - 1411年)、ドイツ王(対立王、在位:1410年 - 1411年)。チェコ名ヨシュト(Jošt Moravský)、フランス名ジョス(Josse de Moravie)。父はボヘミア王ヨハン(盲目王)の子で神聖ローマ皇帝カール4世の弟であるモラヴィア辺境伯ヨハン・ハインリヒ。母はオパヴァ=ラチブシュ公ミクラーシュ2世の娘マルガレーテ。1372年、ハンガリー宮中伯を務めるオポーレ公ヴワディスワフの娘エルジュビェタと結婚したがすぐに死別、1374年にはヴワディスワフの妹であるアグニェシュカと再婚した。2度の結婚で子供はなかった。1388年に従兄であるハンガリー王ジギスムントよりルクセンブルク公、ブランデンブルク選帝侯などを譲られる。ただし、ブランデンブルクの統治は義弟のマイセン辺境伯ヴィルヘルム1世に委ねていた。また、ルクセンブルクは抵当に入れてオルレアン公ルイに転売した(1407年にルイが暗殺されたため、ルクセンブルクはヨープストに戻った)。神聖ローマ皇帝ループレヒトが1410年に死去すると、ジギスムントの反対にもかかわらずヨープストを次期皇帝に推す選帝侯が(ヨープスト本人以外にも)現れて2人が並び立つ状況が続いたが、翌1411年にヨープストが死亡し、ジギスムントが単独の皇帝になった。ジギスムントはまたブランデンブルク選帝侯にも復位した。ルクセンブルクはジギスムントの姪エリーザベトが相続した。
rdfs:label
  • ヨープスト・フォン・メーレン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of