Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ヨーゼフ・シゲティ(Joseph Szigeti, ハンガリー語: Szigeti József [ˈsiɡɛtiˌjoːʒɛf], 1892年9月5日 - 1973年2月19日)は、ハンガリー出身のヴァイオリン奏者。日本ではヨゼフ・シゲティという表記も多く見られる。ハンガリー語名で姓・名の順に呼ぶとシゲティ・ヨージェフまたはスィゲティ・ヨージェフとなる。ブダペストにジンゲル・ヨージェフ (ハンガリー語: Singer József [ˈziŋːɡerˌjoːʒɛf]) として生まれる。父親はカフェのオーケストラの首席奏者であり、叔父もコントラバスを弾くなど、音楽家の家系であった。少年時代はカルパチア山脈の麓のマロシュ城県(Maros vármegye [ˈmɒroʃˌvɑ̈ːrmɛɟɛ]の県庁所在地のマーラマロシュシゲト(Máramarossziget [ˈmɑ̈ːrɒmɒroʃsiɡɛt])市で過ごし、父親の手ほどきを受け、ブダペストの私設音楽院予備校で歌劇場のオーケストラの団員にヴァイオリンを習った。ほどなくして、ブダペスト音楽院のフバイ・イェネーに師事し、1904年にはベルリンのヨーゼフ・ヨアヒムを訪問し、ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲を演奏して評価されている。1906年にはベルリンのサロンで演奏した後、フランクフルトのアルベルト・シューマン・サーカスに「スラギ」(Szulagi)という芸名で数か月雇われた。1906年にはロンドンのベヒシュタイン・ホール(現在のウィグモア・ホール)でイギリス・デビューを飾り、1908年にハミルトン・ハーティのヴァイオリン協奏曲を初演し、作品を献呈された。1907年にはフェルッチョ・ブゾーニの知己を得て、度々共演するようになったが、1913年に結核を患って一時演奏活動を停止する。1917年にアンリ・マルトーのジュネーヴ音楽院の後任教授として活動を再開し、1924年までその任に当たった。1923年にはウジェーヌ・イザイから無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第1番を献呈されている。1924年にはプラハの「新しい音楽のための国際会議」音楽祭でフリッツ・ライナーとセルゲイ・プロコフィエフのヴァイオリン協奏曲第1番を演奏し、作曲者をして「シゲティ以上に、この曲をすばらしく弾けるヴァイオリニストは他にいない」と言わしめた。1925年にレオポルド・ストコフスキーの招きで渡米。その後1930年代に世界各国を回り、1931年には初来日を果たし、その翌年にも日本に来訪している。1938年にはエルネスト・ブロッホからヴァイオリン協奏曲を献呈されている。1940年にアメリカに移住し、1951年に市民権を取得した。同年、フランク・マルタンからヴァイオリン協奏曲を献呈されている。1960年からスイスに居を移し、フランコ・グッリ、海野義雄、潮田益子、前橋汀子 深井硯章 (ヒロフミ) らを教えた。ルツェルンにて死去。娘はニキタ・マガロフと結婚した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 49818 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5853 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 51 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58345831 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ヨーゼフ・シゲティ(Joseph Szigeti, ハンガリー語: Szigeti József [ˈsiɡɛtiˌjoːʒɛf], 1892年9月5日 - 1973年2月19日)は、ハンガリー出身のヴァイオリン奏者。日本ではヨゼフ・シゲティという表記も多く見られる。ハンガリー語名で姓・名の順に呼ぶとシゲティ・ヨージェフまたはスィゲティ・ヨージェフとなる。ブダペストにジンゲル・ヨージェフ (ハンガリー語: Singer József [ˈziŋːɡerˌjoːʒɛf]) として生まれる。父親はカフェのオーケストラの首席奏者であり、叔父もコントラバスを弾くなど、音楽家の家系であった。少年時代はカルパチア山脈の麓のマロシュ城県(Maros vármegye [ˈmɒroʃˌvɑ̈ːrmɛɟɛ]の県庁所在地のマーラマロシュシゲト(Máramarossziget [ˈmɑ̈ːrɒmɒroʃsiɡɛt])市で過ごし、父親の手ほどきを受け、ブダペストの私設音楽院予備校で歌劇場のオーケストラの団員にヴァイオリンを習った。ほどなくして、ブダペスト音楽院のフバイ・イェネーに師事し、1904年にはベルリンのヨーゼフ・ヨアヒムを訪問し、ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲を演奏して評価されている。1906年にはベルリンのサロンで演奏した後、フランクフルトのアルベルト・シューマン・サーカスに「スラギ」(Szulagi)という芸名で数か月雇われた。1906年にはロンドンのベヒシュタイン・ホール(現在のウィグモア・ホール)でイギリス・デビューを飾り、1908年にハミルトン・ハーティのヴァイオリン協奏曲を初演し、作品を献呈された。1907年にはフェルッチョ・ブゾーニの知己を得て、度々共演するようになったが、1913年に結核を患って一時演奏活動を停止する。1917年にアンリ・マルトーのジュネーヴ音楽院の後任教授として活動を再開し、1924年までその任に当たった。1923年にはウジェーヌ・イザイから無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第1番を献呈されている。1924年にはプラハの「新しい音楽のための国際会議」音楽祭でフリッツ・ライナーとセルゲイ・プロコフィエフのヴァイオリン協奏曲第1番を演奏し、作曲者をして「シゲティ以上に、この曲をすばらしく弾けるヴァイオリニストは他にいない」と言わしめた。1925年にレオポルド・ストコフスキーの招きで渡米。その後1930年代に世界各国を回り、1931年には初来日を果たし、その翌年にも日本に来訪している。1938年にはエルネスト・ブロッホからヴァイオリン協奏曲を献呈されている。1940年にアメリカに移住し、1951年に市民権を取得した。同年、フランク・マルタンからヴァイオリン協奏曲を献呈されている。1960年からスイスに居を移し、フランコ・グッリ、海野義雄、潮田益子、前橋汀子 深井硯章 (ヒロフミ) らを教えた。ルツェルンにて死去。娘はニキタ・マガロフと結婚した。
rdfs:label
  • ヨーゼフ・シゲティ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of