パウル・ヨーゼフ・ゲッベルス(Paul Joseph Goebbels 、1897年10月29日 - 1945年5月1日)は、ドイツの政治家。 第一次世界大戦後に政治活動を開始し、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)における左派の中心人物の一人となったが、その後はアドルフ・ヒトラーに接近し、第3代宣伝全国指導者を勤めてナチスのプロパガンダを積極的に広め、ナチ党の勢力拡大に貢献した。ナチ党政権下では国民啓蒙・宣伝大臣を務め、強制的同一化を推進した。 第二次世界大戦の敗戦の直前、によってドイツ国首相に任命されるが、自らの意志でそれに背き、ヒトラーの後を追って家族とともに自殺した。 「ゲッペルス」は誤記。

Property Value
dbo:abstract
  • パウル・ヨーゼフ・ゲッベルス(Paul Joseph Goebbels 、1897年10月29日 - 1945年5月1日)は、ドイツの政治家。 第一次世界大戦後に政治活動を開始し、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)における左派の中心人物の一人となったが、その後はアドルフ・ヒトラーに接近し、第3代宣伝全国指導者を勤めてナチスのプロパガンダを積極的に広め、ナチ党の勢力拡大に貢献した。ナチ党政権下では国民啓蒙・宣伝大臣を務め、強制的同一化を推進した。 第二次世界大戦の敗戦の直前、によってドイツ国首相に任命されるが、自らの意志でそれに背き、ヒトラーの後を追って家族とともに自殺した。 「ゲッペルス」は誤記。 (ja)
  • パウル・ヨーゼフ・ゲッベルス(Paul Joseph Goebbels 、1897年10月29日 - 1945年5月1日)は、ドイツの政治家。 第一次世界大戦後に政治活動を開始し、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)における左派の中心人物の一人となったが、その後はアドルフ・ヒトラーに接近し、第3代宣伝全国指導者を勤めてナチスのプロパガンダを積極的に広め、ナチ党の勢力拡大に貢献した。ナチ党政権下では国民啓蒙・宣伝大臣を務め、強制的同一化を推進した。 第二次世界大戦の敗戦の直前、によってドイツ国首相に任命されるが、自らの意志でそれに背き、ヒトラーの後を追って家族とともに自殺した。 「ゲッペルス」は誤記。 (ja)
dbo:deathDate
  • 1945-05-01 (xsd:date)
dbo:deathPlace
dbo:occupation
dbo:party
dbo:predecessor
dbo:region
dbo:school
dbo:spouse
dbo:successor
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 60440 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 72921 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80836309 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
prop-ja:afternote
  • (臨時政府首相代行) (ja)
  • (臨時政府首相代行) (ja)
prop-ja:before
prop-ja:date
  • 2013 (xsd:integer)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:title
  • ドイツ国首相 (ja)
  • --09-12
  • 国家社会主義ドイツ労働者党 (ja)
  • 宣伝全国指導者 (ja)
  • 魅了されていたのならば華美な演出を「本当に望んでいた」のではないか? (ja)
  • 平井正が引用するゲッベルス日記などの記述では、リーフェンシュタールを宣伝手法の点から非難した記述は一切存在しない。 (ja)
  • ドイツ国国民啓蒙・宣伝大臣 (ja)
  • 「その目的に役立つなら、どんな手段でもよいのだ」というゲッベルスの発言と明らかに相違する。ゲッベルスがいつの段階で本当に望んでいたことかを示す出典が不可欠 (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • 1930 (xsd:integer)
  • 1933 (xsd:integer)
  • 1945 (xsd:integer)
prop-ja:サイン
  • Joseph Goebbels Signature.svg (ja)
  • Joseph Goebbels Signature.svg (ja)
prop-ja:元首
prop-ja:元首職
prop-ja:内閣
prop-ja:出生地
  • border|25px 、 (ja)
  • border|25px 、 (ja)
prop-ja:出身校
prop-ja:各国語表記
  • Paul Joseph Goebbels (ja)
  • Paul Joseph Goebbels (ja)
prop-ja:国旗
  • DEU1935 (ja)
  • DEU1935 (ja)
prop-ja:子女
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:就任日
  • --01-09
  • --03-13
  • --04-30
  • --05-20
  • --10-01
prop-ja:所属政党
prop-ja:死没地
  • 、ベルリン (ja)
  • 、ベルリン (ja)
prop-ja:没年月日
  • 1945-05-01 (xsd:date)
prop-ja:生年月日
  • --10-29
prop-ja:画像
  • Bundesarchiv Bild 183-L04035, Joseph Goebbels.jpg (ja)
  • Bundesarchiv Bild 183-L04035, Joseph Goebbels.jpg (ja)
prop-ja:称号・勲章
prop-ja:職名
prop-ja:退任日
  • --04-30
  • --05-01
prop-ja:選挙区
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:配偶者
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • パウル・ヨーゼフ・ゲッベルス(Paul Joseph Goebbels 、1897年10月29日 - 1945年5月1日)は、ドイツの政治家。 第一次世界大戦後に政治活動を開始し、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)における左派の中心人物の一人となったが、その後はアドルフ・ヒトラーに接近し、第3代宣伝全国指導者を勤めてナチスのプロパガンダを積極的に広め、ナチ党の勢力拡大に貢献した。ナチ党政権下では国民啓蒙・宣伝大臣を務め、強制的同一化を推進した。 第二次世界大戦の敗戦の直前、によってドイツ国首相に任命されるが、自らの意志でそれに背き、ヒトラーの後を追って家族とともに自殺した。 「ゲッペルス」は誤記。 (ja)
  • パウル・ヨーゼフ・ゲッベルス(Paul Joseph Goebbels 、1897年10月29日 - 1945年5月1日)は、ドイツの政治家。 第一次世界大戦後に政治活動を開始し、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)における左派の中心人物の一人となったが、その後はアドルフ・ヒトラーに接近し、第3代宣伝全国指導者を勤めてナチスのプロパガンダを積極的に広め、ナチ党の勢力拡大に貢献した。ナチ党政権下では国民啓蒙・宣伝大臣を務め、強制的同一化を推進した。 第二次世界大戦の敗戦の直前、によってドイツ国首相に任命されるが、自らの意志でそれに背き、ヒトラーの後を追って家族とともに自殺した。 「ゲッペルス」は誤記。 (ja)
rdfs:label
  • ヨーゼフ・ゲッベルス (ja)
  • ヨーゼフ・ゲッベルス (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:author of
is dbo:predecessor of
is dbo:starring of
is dbo:successor of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:after of
is prop-ja:author of
is prop-ja:before of
is prop-ja:chief1Name of
is prop-ja:footer of
is prop-ja:spouse of
is prop-ja:succession of
is prop-ja:successor of
is prop-ja:内閣 of
is prop-ja:出演者 of
is prop-ja:犯人 of
is prop-ja:範囲 of
is prop-ja:首相等氏名 of
is foaf:primaryTopic of