Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ヨーハン・ダーフィト・ハイニヒェン(Johann David Heinichen, 1683年4月17日 - 1729年7月16日)は、ドイツ後期バロック音楽の作曲家・音楽理論家。ヴェネツィア留学の後、ザクセン選帝侯フリードリヒ・アウグスト1世の宮廷に仕える。ハイニヒェンの作品は独創的で、想像力豊かなはちきれんばかりのリズム感が特徴的であるものの、どうしたものか長らく無名であった。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 503781 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2122 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 50 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53148210 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ヨーハン・ダーフィト・ハイニヒェン(Johann David Heinichen, 1683年4月17日 - 1729年7月16日)は、ドイツ後期バロック音楽の作曲家・音楽理論家。ヴェネツィア留学の後、ザクセン選帝侯フリードリヒ・アウグスト1世の宮廷に仕える。ハイニヒェンの作品は独創的で、想像力豊かなはちきれんばかりのリズム感が特徴的であるものの、どうしたものか長らく無名であった。
rdfs:label
  • ヨハン・ダーフィト・ハイニヒェン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of