Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ヨハン・クリーク(Johan Kriek, 1958年4月5日 - )は、南アフリカ・ポンゴラ出身の元男子プロテニス選手。1981年と1982年の全豪オープン男子シングルスで2連覇を達成した選手である。自己最高ランキングはシングルス7位、ダブルス12位。ATPツアーでシングルス14勝、ダブルス8勝を挙げた。同国のライバル選手、ケビン・カレンとは年齢も同じ親友である。身長175cm、体重76kg、右利き。1978年にプロ転向。1981年と1982年の2年連続で、全豪オープン男子シングルスに大会2連覇を達成する。当時の全豪オープンは、開催時期も過渡期にあり、1978年から1985年までの8年間は、年末の12月に大会が行われていた。クリークが2連覇を達成したのは、その年末開催だった時代のことである。決勝戦は2年連続で、スティーブ・デントン(アメリカ)と対決した。しかし、1983年の全豪オープンでは準々決勝でスウェーデンのマッツ・ビランデルに敗れ、大会3連覇はならなかった。ビランデルには同じ全豪オープンで、1984年の準決勝と1985年の準々決勝でも敗れ、同じ大会で3年連続の敗退に終わっている。全豪オープン以外の4大大会シングルスでは、1980年全米オープンと1986年全仏オープンで準決勝進出があるが、ウィンブルドンは(全豪2連覇と同じ)1981年と1982年のベスト8が最高成績であった。クリークは全盛期に、1981年から1983年までの3年連続で、男子テニスツアーのシングルスでそれぞれ3勝ずつを記録している。彼のシングルス優勝記録は1987年で終わったが、ダブルスでは1988年まで優勝記録を残している。彼の最後の優勝は、1988年4月に日本の東京で行われた「サントリー・ジャパン・オープン」男子ダブルスであった。この時クリークはオーストラリアのジョン・フィッツジェラルドとペアを組み、スティーブ・デントン&デビッド・ペイト組(ともにアメリカ)を 6-4, 6-7, 6-4 で下して優勝を飾った。クリークは1994年のシーズンを最後に現役を退いたが、最近では同じ年のライバルであったケビン・カレンとダブルスでペアを組み、ウィンブルドンの「45歳以上の選手による男子ダブルス」部門で3連覇を果たしている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 513255 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2254 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 55 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53171918 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:id
  • K022
prop-ja:name
  • ヨハン・クリーク
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ウィンブルドン
  • ベスト8(1981・1982)
prop-ja:ウィンブルドンダブルス
  • ベスト8(1985・88)
prop-ja:シングルス
  • 14 (xsd:integer)
prop-ja:シングルス最高
  • 7 (xsd:integer)
prop-ja:シングルス通算
  • 373 (xsd:integer)
prop-ja:ダブルス
  • 8 (xsd:integer)
prop-ja:ダブルス最高
  • 12 (xsd:integer)
prop-ja:ダブルス通算
  • 206 (xsd:integer)
prop-ja:ツアー通算
  • 22 (xsd:integer)
prop-ja:デビュー年
  • 1978 (xsd:integer)
prop-ja:バックハンド
  • 片手打ち
prop-ja:体重
  • 76.0
prop-ja:優勝回数
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:全仏オープン
  • ベスト4(1986)
prop-ja:全仏オープンダブルス
  • ベスト8(1986)
prop-ja:全米オープン
  • ベスト4(1980)
prop-ja:全米オープンダブルス
  • ベスト8(1985)
prop-ja:全豪オープン
  • 優勝(1981・1982)
prop-ja:全豪オープンダブルス
  • ベスト8(1981・82・88・89)
prop-ja:出身地
  • 南アフリカ・ポンゴラ
prop-ja:利き手
prop-ja:居住地
  • アメリカ・フロリダ州
prop-ja:引退年
  • 1994 (xsd:integer)
prop-ja:生涯通算成績
  • 579 (xsd:integer)
prop-ja:誕生日
  • 1958-04-05 (xsd:date)
prop-ja:身長
  • 175.0
prop-ja:選手名(日本語)_
  • ヨハン・クリーク
prop-ja:選手名(英語)_
  • Johan Kriek
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ヨハン・クリーク(Johan Kriek, 1958年4月5日 - )は、南アフリカ・ポンゴラ出身の元男子プロテニス選手。1981年と1982年の全豪オープン男子シングルスで2連覇を達成した選手である。自己最高ランキングはシングルス7位、ダブルス12位。ATPツアーでシングルス14勝、ダブルス8勝を挙げた。同国のライバル選手、ケビン・カレンとは年齢も同じ親友である。身長175cm、体重76kg、右利き。1978年にプロ転向。1981年と1982年の2年連続で、全豪オープン男子シングルスに大会2連覇を達成する。当時の全豪オープンは、開催時期も過渡期にあり、1978年から1985年までの8年間は、年末の12月に大会が行われていた。クリークが2連覇を達成したのは、その年末開催だった時代のことである。決勝戦は2年連続で、スティーブ・デントン(アメリカ)と対決した。しかし、1983年の全豪オープンでは準々決勝でスウェーデンのマッツ・ビランデルに敗れ、大会3連覇はならなかった。ビランデルには同じ全豪オープンで、1984年の準決勝と1985年の準々決勝でも敗れ、同じ大会で3年連続の敗退に終わっている。全豪オープン以外の4大大会シングルスでは、1980年全米オープンと1986年全仏オープンで準決勝進出があるが、ウィンブルドンは(全豪2連覇と同じ)1981年と1982年のベスト8が最高成績であった。クリークは全盛期に、1981年から1983年までの3年連続で、男子テニスツアーのシングルスでそれぞれ3勝ずつを記録している。彼のシングルス優勝記録は1987年で終わったが、ダブルスでは1988年まで優勝記録を残している。彼の最後の優勝は、1988年4月に日本の東京で行われた「サントリー・ジャパン・オープン」男子ダブルスであった。この時クリークはオーストラリアのジョン・フィッツジェラルドとペアを組み、スティーブ・デントン&デビッド・ペイト組(ともにアメリカ)を 6-4, 6-7, 6-4 で下して優勝を飾った。クリークは1994年のシーズンを最後に現役を退いたが、最近では同じ年のライバルであったケビン・カレンとダブルスでペアを組み、ウィンブルドンの「45歳以上の選手による男子ダブルス」部門で3連覇を果たしている。
rdfs:label
  • ヨハン・クリーク
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of