Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ヨハン・アンドレアス・マレー(Johan Andreas (Anders) Murray、1740年1月27日 - 1791年5月22日)は、スウェーデン生まれのドイツの薬学者、植物学者である。薬用植物に関する著作で知られる。ストックホルムで生まれた。父親はプロイセン生まれの、神学者、説教者で兄弟に歴史学者のJohann Philipp Murray とヴェステロースの大司教となったGustaf Murrayがいる。1756年からウプサラ大学で学んだ。リンネの講義を受けた1人である。1760年にドイツのゲッティゲン大学に移り医学の学位を得た。1769年にゲッティンゲン大学の教授、植物園長に任じられた。植物園で当時の植物学者に関心の高かった薬用植物の薬効や調製法を研究した。薬学の分野の著作に6巻のApparatus medicaminum (1776–92)があり、最終巻の出版は没語となった。フルタイトルは "Apparatus medicaminum tam simplicium quam præparatorum et compositorum in praxeos adiumentum consideratus"(「薬剤の処方、治療における簡単な調製と適用」)で当時の薬草学の集大成の書物である。スウェーデンの医師などの著作をドイツ語訳したことでも知られ、1774年にリンネの『自然の体系』(Systema Naturae)の13版を、自らの序文をつけて、" Systema Vegetabilium" (「植物王国の体系」)のタイトルで出版した。ミカン科の植物の属、ゲッキツ属(Murraya J.Koenig ex L.)の学名に献名された。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3234383 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5299 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 22 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55909214 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ヨハン・アンドレアス・マレー(Johan Andreas (Anders) Murray、1740年1月27日 - 1791年5月22日)は、スウェーデン生まれのドイツの薬学者、植物学者である。薬用植物に関する著作で知られる。ストックホルムで生まれた。父親はプロイセン生まれの、神学者、説教者で兄弟に歴史学者のJohann Philipp Murray とヴェステロースの大司教となったGustaf Murrayがいる。1756年からウプサラ大学で学んだ。リンネの講義を受けた1人である。1760年にドイツのゲッティゲン大学に移り医学の学位を得た。1769年にゲッティンゲン大学の教授、植物園長に任じられた。植物園で当時の植物学者に関心の高かった薬用植物の薬効や調製法を研究した。薬学の分野の著作に6巻のApparatus medicaminum (1776–92)があり、最終巻の出版は没語となった。フルタイトルは "Apparatus medicaminum tam simplicium quam præparatorum et compositorum in praxeos adiumentum consideratus"(「薬剤の処方、治療における簡単な調製と適用」)で当時の薬草学の集大成の書物である。スウェーデンの医師などの著作をドイツ語訳したことでも知られ、1774年にリンネの『自然の体系』(Systema Naturae)の13版を、自らの序文をつけて、" Systema Vegetabilium" (「植物王国の体系」)のタイトルで出版した。ミカン科の植物の属、ゲッキツ属(Murraya J.Koenig ex L.)の学名に献名された。
rdfs:label
  • ヨハン・アンドレアス・マレー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of