Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ヨハネス・ゲンズフライシュ・ツール・ラーデン・ツム・グーテンベルク(ドイツ語: Johannes Gensfleisch zur Laden zum Gutenberg、1398年頃 - 1468年2月3日)は、ドイツ出身の金属加工職人、印刷業者である。活版印刷技術の発明者といわれ、広く知られている。グーテンベルクの古い記録は、裁判記録以外ほとんどなく、活版印刷技術の真の発明者は誰かという論争が古くから行われてきたが、グーテンベルクとする説が最も有力である。1445年までに活版印刷技術を考案し、その機器の実用化に成功して、自ら印刷業・印刷物出版業を創設したといわれる。金属活字を使った印刷術を発明したことで印刷革命が始まり、それが一般に中世で最も重要な出来事の1つとされている。活版印刷はルネサンス、宗教改革、啓蒙時代、科学革命の発展に寄与した。1439年頃にヨーロッパで初めて活字による印刷を行った。活字量産方法の発明、油性インクの採用、当時使われていた農耕用スクリュープレスのような木製印刷機の採用など、様々な面で印刷に貢献している。真の画期的発明といえるのはそれらを組み合わせて実用的システムとしたことであり、それによって本の大量生産を可能にし、印刷業者にとっても読者にとっても経済的に成り立つようにした。グーテンベルクの活字生産方法の目新しい点は、古くから活字合金の発明とパンチ法と呼ばれる鋳造技法といわれていた。それまでヨーロッパでの本の生産は手書きでの「書き写し」か木版印刷であり、活版印刷はヨーロッパでの本生産に一大変革を起こした。活版印刷具は急速にヨーロッパ各地に普及し、さらに世界中に広まっていった。印刷技術は羅針盤、火薬とともに「ルネサンス三大発明」の一つにあげられる。1455年に初めて旧約・新約聖書(ラテン語版)つまり『グーテンベルク聖書』を印刷したことで有名である。この聖書は美麗で技術的にも高品質だと賞賛されている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 29627 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 24436 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 165 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55787963 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:align
  • right
prop-ja:alternativeNames
  • Gutenberg, Johannes Gensfleisch zur Laden zum
prop-ja:bgcolor
  • #c6dbf7
prop-ja:dateOfBirth
  • c. 1398
prop-ja:dateOfDeath
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • Gutenberg, Johannes
prop-ja:placeOfBirth
  • Mainz, Germany
prop-ja:placeOfDeath
  • Mainz, Germany
prop-ja:quote
  • 今日の世界は良くも悪くも、グーテンベルクに負うところが大きい。全ては彼が起源であり、我々は彼に敬意を表する必要がある。… その偉大な発明に人類が受けた恩恵の千倍もの悪影響が影を投げかけているとしても。
  • "フランクフルトで見た件の驚くべき男について私宛に書き送られてきたことは、全て真実でした。完全な聖書全体を見たわけではなく異なる巻の少数の折丁を見ただけです。書体は非常にきちんとしていて、読みやすいものでした。閣下におかれましても苦も無く、しかも眼鏡なしでお読みになれることでしょう。"
prop-ja:shortDescription
  • German inventor who invented movable type
prop-ja:source
  • 後の教皇ピウス2世が枢機卿に宛てた手紙、1455年3月
  • アメリカの作家マーク・トウェイン
prop-ja:width
  • 260 (xsd:integer)
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:両親
  • 父:フリーレ・ゲンスフライシュ・ツア・ラーデン
  • 母:エルゼ・ヴューリヒ
prop-ja:成果
prop-ja:死没地
prop-ja:死没日
  • --02-03
prop-ja:氏名
  • ヨハネス・グーテンベルク
prop-ja:生年月日
  • 1398 (xsd:integer)
prop-ja:生誕地
prop-ja:画像
  • Gutenberg.jpg
prop-ja:画像の説明
  • ヨハネス・グーテンベルク
prop-ja:職業
  • 金属加工職人、印刷業者
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ヨハネス・ゲンズフライシュ・ツール・ラーデン・ツム・グーテンベルク(ドイツ語: Johannes Gensfleisch zur Laden zum Gutenberg、1398年頃 - 1468年2月3日)は、ドイツ出身の金属加工職人、印刷業者である。活版印刷技術の発明者といわれ、広く知られている。グーテンベルクの古い記録は、裁判記録以外ほとんどなく、活版印刷技術の真の発明者は誰かという論争が古くから行われてきたが、グーテンベルクとする説が最も有力である。1445年までに活版印刷技術を考案し、その機器の実用化に成功して、自ら印刷業・印刷物出版業を創設したといわれる。金属活字を使った印刷術を発明したことで印刷革命が始まり、それが一般に中世で最も重要な出来事の1つとされている。活版印刷はルネサンス、宗教改革、啓蒙時代、科学革命の発展に寄与した。1439年頃にヨーロッパで初めて活字による印刷を行った。活字量産方法の発明、油性インクの採用、当時使われていた農耕用スクリュープレスのような木製印刷機の採用など、様々な面で印刷に貢献している。真の画期的発明といえるのはそれらを組み合わせて実用的システムとしたことであり、それによって本の大量生産を可能にし、印刷業者にとっても読者にとっても経済的に成り立つようにした。グーテンベルクの活字生産方法の目新しい点は、古くから活字合金の発明とパンチ法と呼ばれる鋳造技法といわれていた。それまでヨーロッパでの本の生産は手書きでの「書き写し」か木版印刷であり、活版印刷はヨーロッパでの本生産に一大変革を起こした。活版印刷具は急速にヨーロッパ各地に普及し、さらに世界中に広まっていった。印刷技術は羅針盤、火薬とともに「ルネサンス三大発明」の一つにあげられる。1455年に初めて旧約・新約聖書(ラテン語版)つまり『グーテンベルク聖書』を印刷したことで有名である。この聖書は美麗で技術的にも高品質だと賞賛されている。
rdfs:label
  • ヨハネス・グーテンベルク
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:src of
is foaf:primaryTopic of