Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ヨハネス(Johannes、ドイツ語発音: [joˈhanəs, joˈhanɛs]、オランダ語発音: [joˈhɑnəs])は、キリスト教の聖人ヨハネにちなむ男性名。ドイツ、オランダ、チェコ、スロバキア、ポーランドなどに見られる。ヨハン、ハンスと同源である。元はラテン語 Ioannes およびその異形・別綴りである Iohannes(日本では同じくヨハネスとの読み方・表記が多いが、「ヨハネ」も慣用で用いられる)。由来はギリシア語 Ιωάννης (イオーアンネース)をラテン語転写したものである。他言語での発音・読み方は、スウェーデン語発音: [juˈhanəs](ユハネス)、デンマーク語発音: [jʊ'hænəs](ユハネス)がある。本稿#相当する各国語・各種表記も参照。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 282104 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5193 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 208 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57167661 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ヨハネス(Johannes、ドイツ語発音: [joˈhanəs, joˈhanɛs]、オランダ語発音: [joˈhɑnəs])は、キリスト教の聖人ヨハネにちなむ男性名。ドイツ、オランダ、チェコ、スロバキア、ポーランドなどに見られる。ヨハン、ハンスと同源である。元はラテン語 Ioannes およびその異形・別綴りである Iohannes(日本では同じくヨハネスとの読み方・表記が多いが、「ヨハネ」も慣用で用いられる)。由来はギリシア語 Ιωάννης (イオーアンネース)をラテン語転写したものである。他言語での発音・読み方は、スウェーデン語発音: [juˈhanəs](ユハネス)、デンマーク語発音: [jʊ'hænəs](ユハネス)がある。本稿#相当する各国語・各種表記も参照。
rdfs:label
  • ヨハネス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:relatedNames of
is foaf:primaryTopic of