Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ヨコフリオウギビタキ(横振扇鶲、英: Willie Wagtail、学名: Rhipidura leucophrys)は、スズメ目オウギビタキ科オウギビタキ属の鳥類の1種である。オーストラリア、ニューギニア島、ソロモン諸島、ビスマルク諸島、インドネシア東部に自然分布する。その分布域のほとんどにおいて普通種で身近な鳥の一つであり、大部分が深い森林から離れた環境に生息している。全長は約20cm (19.0-21.5cm) で、上面はほぼ全体が黒くて下面は白く対照的な色彩をもつ。雌雄同色。3亜種が認められており、基亜種 Rhipidura leucophrys leucophrys がオーストラリア中・南部に分布し、小型の R. l. picata がオーストラリア北部に、大型の R. l. melaleuca がニューギニア島およびその周辺の島々に分布する。英名は Willie Wagtail であるが、セキレイ属 Motacilla からなる実際のセキレイ類 Wagtails とは無関係であり、本種はオウギビタキ属 Rhipidura の1種で、カラス類やオウチュウ類、フウチョウ類などを含む「狭義のカラス上科」グループの1つに分類される。このグループにおいてオウギビタキ類はオウチュウ科 Dicruridae に置かれたりするが、一部の専門家はそれらを独立する小さな科であるオウギビタキ科 Rhipiduridae とするのに十分なはっきりとした根拠を認める。ヨコフリオウギビタキは食虫性であり、開けた生息環境のなかで餌を追うことに多くの時間を費やす。その一般名は、地面で採餌する時、水平に尾を振るその習慣に由来する。攻撃的で縄張りをもつヨコフリオウギビタキは、しばしばワライカワセミやオナガイヌワシのようなはるかに大きな鳥を攻撃する。本種は人による地表の改変によく対応し、都市の芝地、公園、庭園によく見かける。本種は各地のアボリジニ(先住民)の伝承において、悪いうわさの担い手あるいは秘密を盗むものとしてよく登場する。
dbpedia-owl:conservationStatus
  • LC
dbpedia-owl:family
dbpedia-owl:genus
dbpedia-owl:order
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2904483 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 26334 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 194 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54633792 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:status
  • LC
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:下位分類
  • * R. l. leucophrys * R. l. melaleuca * R. l. picata
prop-ja:下位分類名
prop-ja:名称
  • ヨコフリオウギビタキ
prop-ja:和名
  • ヨコフリオウギビタキ
prop-ja:学名
  • Rhipidura rufifrons
prop-ja:
  • オウギビタキ属
prop-ja:生息図
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:生息図キャプション
  • ヨコフリオウギビタキ R. leucophrys 分布域
prop-ja:画像
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:画像キャプション
  • ヨコフリオウギビタキ R. leucophrys
  • (オーストラリア、キャンベラ)
prop-ja:
  • スズメ目
prop-ja:省略
  • 鳥綱
prop-ja:
  • オウギビタキ科
prop-ja:
  • ヨコフリオウギビタキ
prop-ja:英名
dc:description
  • ヨコフリオウギビタキ R. leucophrys
  • (オーストラリア、キャンベラ)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ヨコフリオウギビタキ(横振扇鶲、英: Willie Wagtail、学名: Rhipidura leucophrys)は、スズメ目オウギビタキ科オウギビタキ属の鳥類の1種である。オーストラリア、ニューギニア島、ソロモン諸島、ビスマルク諸島、インドネシア東部に自然分布する。その分布域のほとんどにおいて普通種で身近な鳥の一つであり、大部分が深い森林から離れた環境に生息している。全長は約20cm (19.0-21.5cm) で、上面はほぼ全体が黒くて下面は白く対照的な色彩をもつ。雌雄同色。3亜種が認められており、基亜種 Rhipidura leucophrys leucophrys がオーストラリア中・南部に分布し、小型の R. l. picata がオーストラリア北部に、大型の R. l.
rdfs:label
  • ヨコフリオウギビタキ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 鳥綱
  • ヨコフリオウギビタキ
  • Willie Wagtail
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:画像キャプション of
is foaf:primaryTopic of