Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ヨアン・オーガスト・アルフェドソン(Johan August Arfwedson、1792年1月12日-1841年10月28日)はスウェーデンの化学者で、1817年にリチウムを発見した。アルフェドソンは卸売り商人と工場のオーナーを営む裕福な中産階級の家庭に生まれた。1803年にウプサラ大学に入学し、1809年に法学、1812年に鉱物学を修めた。ストックホルムで、アルフェドソンはイェンス・ベルセリウスと知り合い、ベルセリウスの私設研究室に通うようになった。1817年、この研究室でペタル石の分析中に、彼はリチウム元素を発見した。1818年から1819年にかけて、彼はヨーロッパ中を旅した。帰国後は自分の研究室を興し、研究に励んだ。希少鉱物のアルフェドソナイトは、彼の名前にちなんで命名された。
dbpedia-owl:almaMater
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:deathDate
  • 1841-10-28 (xsd:date)
dbpedia-owl:deathPlace
dbpedia-owl:field
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1529150 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1041 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 22 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47204785 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:almaMater
  • ウプサラ大学
prop-ja:birthDate
  • --01-12
prop-ja:birthPlace
  • スウェーデン
prop-ja:deathDate
  • 1841-10-28 (xsd:date)
prop-ja:deathPlace
  • スウェーデン
prop-ja:field
prop-ja:knownFor
  • リチウムの発見
prop-ja:name
  • ヨアン・オーガスト・アルフェドソン
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ヨアン・オーガスト・アルフェドソン(Johan August Arfwedson、1792年1月12日-1841年10月28日)はスウェーデンの化学者で、1817年にリチウムを発見した。アルフェドソンは卸売り商人と工場のオーナーを営む裕福な中産階級の家庭に生まれた。1803年にウプサラ大学に入学し、1809年に法学、1812年に鉱物学を修めた。ストックホルムで、アルフェドソンはイェンス・ベルセリウスと知り合い、ベルセリウスの私設研究室に通うようになった。1817年、この研究室でペタル石の分析中に、彼はリチウム元素を発見した。1818年から1819年にかけて、彼はヨーロッパ中を旅した。帰国後は自分の研究室を興し、研究に励んだ。希少鉱物のアルフェドソナイトは、彼の名前にちなんで命名された。
rdfs:label
  • ヨアン・オーガスト・アルフェドソン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ヨアン・オーガスト・アルフェドソン
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of