Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ユーバーリンゲン空中衝突事故(ユーバーリンゲンくうちゅうしょうとつじこ、英語: Überlingen mid-air collision)とは、2002年7月1日の21時35分 UTC にバシキール航空2937便(機体:Tu-154M、乗客60人 – 大半は子供 – と乗員9人が搭乗)とDHL611便(機体:ボーイング757-23APF、パイロット2人が搭乗)が、ドイツ南部にあるユーバーリンゲンとオヴィンゲンの上空で衝突した事故である。両機に搭乗していた71人全員が死亡した。2004年5月19日に連邦航空機事故調査局 (BFU) は、この事故は事故当時これらの便を監視していたスイスの航空管制システムの欠陥とTCAS(航空機に搭載される衝突防止装置)の使用における曖昧性により発生したという結論を発表した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1061082 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 14044 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 91 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57768258 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • 事故現場(47° 46′ 42″ N, 9° 10′ 26″ E付近)
prop-ja:date
  • --07-01
prop-ja:float
  • right
prop-ja:label
  • 事故現場
prop-ja:latDeg
  • 47 (xsd:integer)
prop-ja:latMin
  • 46 (xsd:integer)
prop-ja:lonDeg
  • 9 (xsd:integer)
prop-ja:lonMin
  • 10 (xsd:integer)
prop-ja:mark
  • Green pog.svg
prop-ja:name
  • ユーバーリンゲン空中衝突事故
prop-ja:occurrenceType
  • Accident
prop-ja:plane1Caption
  • 事故機のRA-85816(1997年にシュトゥットガルト空港で撮影)
prop-ja:plane1Crew
  • 9 (xsd:integer)
prop-ja:plane1Destination
prop-ja:plane1Fatalities
  • 69 (xsd:integer)
prop-ja:plane1Image
  • BAL Tupolev Tu-154M JetPix-1.jpg
prop-ja:plane1Operator
  • バシキール航空
prop-ja:plane1Origin
prop-ja:plane1Passengers
  • 60 (xsd:integer)
prop-ja:plane1Survivors
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:plane1Type
  • Tu-154M
prop-ja:plane2Caption
  • 事故機と同型のG-BIKP(2003年にフランクフルト空港で撮影)
prop-ja:plane2Crew
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:plane2Destination
prop-ja:plane2Fatalities
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:plane2Image
  • Boeing 757-236, DHL AN0340623.jpg
prop-ja:plane2Operator
  • DHL
prop-ja:plane2Origin
  • バーレーン国際空港
prop-ja:plane2Passengers
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:plane2Stopover
prop-ja:plane2Survivors
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:plane2Type
prop-ja:position
  • right
prop-ja:totalFatalities
  • 71 (xsd:integer)
prop-ja:totalSurvivors
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:type
prop-ja:width
  • 210 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ユーバーリンゲン空中衝突事故(ユーバーリンゲンくうちゅうしょうとつじこ、英語: Überlingen mid-air collision)とは、2002年7月1日の21時35分 UTC にバシキール航空2937便(機体:Tu-154M、乗客60人 – 大半は子供 – と乗員9人が搭乗)とDHL611便(機体:ボーイング757-23APF、パイロット2人が搭乗)が、ドイツ南部にあるユーバーリンゲンとオヴィンゲンの上空で衝突した事故である。両機に搭乗していた71人全員が死亡した。2004年5月19日に連邦航空機事故調査局 (BFU) は、この事故は事故当時これらの便を監視していたスイスの航空管制システムの欠陥とTCAS(航空機に搭載される衝突防止装置)の使用における曖昧性により発生したという結論を発表した。
rdfs:label
  • ユーバーリンゲン空中衝突事故
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of