Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ユーグ黒公(ユーグこくこう、フランス語:Hugues le Noir, ? - 952年12月17日)は、ブルゴーニュ公(在位:923年 - 952年)。初代ブルゴーニュ公リシャールとその妻アデライード(ヴェルフ家オセール伯コンラート2世の娘)の末子で、ラウールの弟。923年、兄のラウールが西フランク王に選出されたので、譲位されてブルゴーニュ公となった。952年に死去したが、妻子がいたのかは知られていない。公位は義兄弟のジルベールが相続した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 361919 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 570 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 17 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50860196 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ユーグ黒公(ユーグこくこう、フランス語:Hugues le Noir, ? - 952年12月17日)は、ブルゴーニュ公(在位:923年 - 952年)。初代ブルゴーニュ公リシャールとその妻アデライード(ヴェルフ家オセール伯コンラート2世の娘)の末子で、ラウールの弟。923年、兄のラウールが西フランク王に選出されたので、譲位されてブルゴーニュ公となった。952年に死去したが、妻子がいたのかは知られていない。公位は義兄弟のジルベールが相続した。
rdfs:label
  • ユーグ黒公
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of