Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ユリア・フラウィアまたはフラウィア・ユリア・ティティ(Julia Flavia, Flavia Julia Titi、64年9月13日 - 91年)はフラウィウス朝のローマ皇帝・ティトゥスの娘。またティトゥスの跡を継いだドミティアヌス帝の愛妾。ティトゥスの唯一の成人した子供であり、母親は2番目の妻であるマルキア・フルニッラ、またはティトゥスの最初の妻であるアレキナ・テルトゥラ。いずれにせよユリアはローマに生まれて幼い内に母とは離別し、フルニッラとの離婚後は再婚しなかった父の元で育てられた。一般的には母はフルニッラとされており、両親の離婚によって母と離別している。この離婚の理由は、フルニッラの生家がネロ帝の抵抗勢力と以前より近しく、65年のピソの陰謀 (en:Pisonian conspiracy) の後、フルニッラの生家がネロに冷遇されていたことにあった。ティトゥスは陰謀の嫌疑がかかる人々との関係を避け、フルニッラと離婚した。母がテルトゥラの説を取る場合、ユリアは実母と死別したことになる。なおテルトゥラ説は、テルトゥラの母の名前が恐らくユリアであったことが根拠となっている。ユリアの6歳の誕生日に、ティトゥスはエルサレムを征服している (en:Siege of Jerusalem (70)) 。79年8月24日 ヴェスヴィオス山噴火、ポンペイやヘルクラネウム埋没。成長後、父ティトゥスは自分の弟であり、ユリアの叔父のドミティアヌスとの結婚を提案する。しかし、ドミティアヌスはドミティア・ロンギナに夢中になっていたため、これを断った。その後、父方のはとこであるティトゥス・フラウィウス・サビヌス (en:Titus Flavius Sabinus (consul 82)) と結婚する。サビヌスは彼女のいとこのフラウィア・ドミティッラ (en) と結婚したティトゥス・フラウィウス・クレメンス (en:Titus Flavius Clemens (consul)) の兄弟であった。結婚後、ドミティアヌスは彼女を誘惑した。カッシウス・ディオの言葉によると、ユリアの父と夫が死ぬとドミティアヌスはまた、ユウェナリスはドミティアヌスを非難して以下のように詩を詠んでいる。91年に妊娠中のユリアは死ぬ。事実かどうかは疑わしいが、死因は中絶を強要されたためであるという噂が立った。死後ユリアは神格化されている。彼女の遺灰は96年のドミティアヌスの死後に、年老いた乳母によってドミティアヌスの遺灰と混ぜられ、ひっそりとフラウィウス神殿(ウェスパシアヌスとティトゥスの神殿、en)に葬られた。
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:deathPlace
dbpedia-owl:parent
dbpedia-owl:restingPlace
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2002812 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2969 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 42 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50753782 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:人名
  • ユリア・フラウィア
prop-ja:全名
  • フラウィア・ユリア・ティティ
prop-ja:出生日
  • --09-13
prop-ja:各国語表記
  • Julia Flavia
prop-ja:埋葬地
prop-ja:埋葬日
  • 96 (xsd:integer)
prop-ja:子女
  • なし
prop-ja:死亡日
  • 91 (xsd:integer)
prop-ja:母親
prop-ja:没地
  • ローマ
prop-ja:父親
prop-ja:生地
prop-ja:画像
  • Büste der Julia Titi.jpg
prop-ja:画像サイズ
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
  • 大理石の胸像
prop-ja:続柄
prop-ja:配偶者
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ユリア・フラウィアまたはフラウィア・ユリア・ティティ(Julia Flavia, Flavia Julia Titi、64年9月13日 - 91年)はフラウィウス朝のローマ皇帝・ティトゥスの娘。またティトゥスの跡を継いだドミティアヌス帝の愛妾。ティトゥスの唯一の成人した子供であり、母親は2番目の妻であるマルキア・フルニッラ、またはティトゥスの最初の妻であるアレキナ・テルトゥラ。いずれにせよユリアはローマに生まれて幼い内に母とは離別し、フルニッラとの離婚後は再婚しなかった父の元で育てられた。一般的には母はフルニッラとされており、両親の離婚によって母と離別している。この離婚の理由は、フルニッラの生家がネロ帝の抵抗勢力と以前より近しく、65年のピソの陰謀 (en:Pisonian conspiracy) の後、フルニッラの生家がネロに冷遇されていたことにあった。ティトゥスは陰謀の嫌疑がかかる人々との関係を避け、フルニッラと離婚した。母がテルトゥラの説を取る場合、ユリアは実母と死別したことになる。なおテルトゥラ説は、テルトゥラの母の名前が恐らくユリアであったことが根拠となっている。ユリアの6歳の誕生日に、ティトゥスはエルサレムを征服している (en:Siege of Jerusalem (70)) 。79年8月24日 ヴェスヴィオス山噴火、ポンペイやヘルクラネウム埋没。成長後、父ティトゥスは自分の弟であり、ユリアの叔父のドミティアヌスとの結婚を提案する。しかし、ドミティアヌスはドミティア・ロンギナに夢中になっていたため、これを断った。その後、父方のはとこであるティトゥス・フラウィウス・サビヌス (en:Titus Flavius Sabinus (consul 82)) と結婚する。サビヌスは彼女のいとこのフラウィア・ドミティッラ (en) と結婚したティトゥス・フラウィウス・クレメンス (en:Titus Flavius Clemens (consul)) の兄弟であった。結婚後、ドミティアヌスは彼女を誘惑した。カッシウス・ディオの言葉によると、ユリアの父と夫が死ぬとドミティアヌスはまた、ユウェナリスはドミティアヌスを非難して以下のように詩を詠んでいる。91年に妊娠中のユリアは死ぬ。事実かどうかは疑わしいが、死因は中絶を強要されたためであるという噂が立った。死後ユリアは神格化されている。彼女の遺灰は96年のドミティアヌスの死後に、年老いた乳母によってドミティアヌスの遺灰と混ぜられ、ひっそりとフラウィウス神殿(ウェスパシアヌスとティトゥスの神殿、en)に葬られた。
rdfs:label
  • ユリア・フラウィア
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • フラウィア・ユリア・ティティ
  • ユリア・フラウィア
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:子女 of
is prop-ja:配偶者 of
is foaf:primaryTopic of