Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ユリアン・ノール(Julian Knowle, 1974年4月29日 - )は、オーストリア出身の男子プロテニス選手。ダブルスの得意な選手として知られ、2007年の全米オープン男子ダブルスでシーモン・アスペリン(スウェーデン)とペアを組んで優勝した。2004年のウィンブルドン男子ダブルスでネナド・ジモニッチ(セルビア)と組んだ準優勝もある。ATPツアーでシングルスの優勝はないが、ダブルスで13勝を挙げている。フォアハンド・ストローク、バックハンド・ストロークともに両手打ちで、左利きの選手。自己最高ランキングはシングルス86位、ダブルス6位。日本語では「ジュリアン・ノウル」の表記も多く見られる。父親が時計販売員、母親は健康温泉経営者という家庭に生まれ、6歳からテニスを始めた。1992年に18歳でプロ入りしたが、彼は男子ツアー下部組織の大会群で長い下積み生活を送り、プロ入りから9年後の2001年にようやくATPツアーのイベントにデビューを果たす。彼の4大大会初出場は、ダブルスが2001年全仏オープンで、シングルスは同年のウィンブルドンであった。ノールの4大大会シングルス自己最高成績は、2002年ウィンブルドンの3回戦進出で、この試合では第1シードのレイトン・ヒューイットに 2-6, 1-6, 3-6 のストレートで完敗した。2005年8月のオーストリア・グラーツ大会(下部ツアー・チャレンジャーの大会)を最後に、彼はすべてのシングルス出場から撤退し、得意のダブルスに専念するようになる。ノールは4大大会初出場だった2001年全仏オープンの男子ダブルス3回戦進出から始まり、ツアー大会でダブルスを得意にしてきた。2002年に男子ツアーのダブルスで年間2勝を挙げ、この分野で躍進を始める。2004年のウィンブルドン男子ダブルスで、ネナド・ジモニッチ(当時セルビア・モンテネグロ国籍)とペアを組んで初めての決勝戦に進んだが、ウィンブルドン男子ダブルス3連覇を狙ったトッド・ウッドブリッジ(オーストラリア)&ヨナス・ビョークマン(スウェーデン)組に 1-6, 4-6, 6-4, 4-6 で敗れ、最初のチャンスを逃した。2005年の全仏オープン男子ダブルスで、同じオーストリアのユルゲン・メルツァーと組んでベスト8に入る。ノールとメルツァーは、2007年春まで大部分のトーナメントでコンビを組んだ。2007年4月のモンテカルロ・マスターズで、ノールは初めてシーモン・アスペリン(スウェーデン)とコンビを組んだ。これを契機にアスペリンと組む機会が増え、2007年全米オープンで4大大会男子ダブルス初優勝を決めた。2人は全米決勝でチェコペアのルーカス・ドロウヒー&パベル・ビズネル組を 7-5, 6-4 で破り、ノールは2004年ウィンブルドン以来のチャンスをものにした。優勝した時はノールとアスペリンの両選手とも33歳で、遅い年齢での優勝だった。ノールとアスペリンは2008年末までペアを組み続けたが、同年10月末のパリ・マスターズを最後にペアを解消した。2008年の北京五輪で、ノールは34歳にして初のオリンピック代表選手に選ばれた。オーストリア代表選手としてユルゲン・メルツァーと組み、男子ダブルス2回戦でアメリカ代表のボブ・ブライアン&マイク・ブライアン組に 6-7, 4-6 で敗れた。2009年、メルツァーとのコンビで年間2勝を挙げた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1704292 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2895 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 65 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54562482 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:id
  • Top-Players/Julian-Knowle
prop-ja:name
  • ユリアン・ノール
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ウィンブルドン
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:ウィンブルドンダブルス
  • 準優勝(2004)
prop-ja:シングルス
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:シングルス最高
  • 86 (xsd:integer)
prop-ja:ダブルス
  • 13 (xsd:integer)
prop-ja:ダブルス優勝回数
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:ダブルス最高
  • 6 (xsd:integer)
prop-ja:ツアー通算
  • 13 (xsd:integer)
prop-ja:デビュー年
  • 1992 (xsd:integer)
prop-ja:バックハンド
  • 両手打ち
prop-ja:体重
  • 72.0
prop-ja:全仏オープン
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:全仏オープンダブルス
  • ベスト8(2005)
prop-ja:全米オープン
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:全米オープンダブルス
  • 優勝(2007)
prop-ja:全豪オープン
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:全豪オープンダブルス
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:写真
  • Knowle RG13 .jpg
prop-ja:写真のコメント
  • ユリアン・ノール
prop-ja:写真サイズ
  • 220 (xsd:integer)
prop-ja:出身地
  • フォアアールベルク州
prop-ja:利き手
prop-ja:誕生日
  • 1974-04-29 (xsd:date)
prop-ja:身長
  • 187.0
prop-ja:選手名(日本語)_
  • ユリアン・ノール
prop-ja:選手名(英語)_
  • Julian Knowle
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ユリアン・ノール(Julian Knowle, 1974年4月29日 - )は、オーストリア出身の男子プロテニス選手。ダブルスの得意な選手として知られ、2007年の全米オープン男子ダブルスでシーモン・アスペリン(スウェーデン)とペアを組んで優勝した。2004年のウィンブルドン男子ダブルスでネナド・ジモニッチ(セルビア)と組んだ準優勝もある。ATPツアーでシングルスの優勝はないが、ダブルスで13勝を挙げている。フォアハンド・ストローク、バックハンド・ストロークともに両手打ちで、左利きの選手。自己最高ランキングはシングルス86位、ダブルス6位。日本語では「ジュリアン・ノウル」の表記も多く見られる。父親が時計販売員、母親は健康温泉経営者という家庭に生まれ、6歳からテニスを始めた。1992年に18歳でプロ入りしたが、彼は男子ツアー下部組織の大会群で長い下積み生活を送り、プロ入りから9年後の2001年にようやくATPツアーのイベントにデビューを果たす。彼の4大大会初出場は、ダブルスが2001年全仏オープンで、シングルスは同年のウィンブルドンであった。ノールの4大大会シングルス自己最高成績は、2002年ウィンブルドンの3回戦進出で、この試合では第1シードのレイトン・ヒューイットに 2-6, 1-6, 3-6 のストレートで完敗した。2005年8月のオーストリア・グラーツ大会(下部ツアー・チャレンジャーの大会)を最後に、彼はすべてのシングルス出場から撤退し、得意のダブルスに専念するようになる。ノールは4大大会初出場だった2001年全仏オープンの男子ダブルス3回戦進出から始まり、ツアー大会でダブルスを得意にしてきた。2002年に男子ツアーのダブルスで年間2勝を挙げ、この分野で躍進を始める。2004年のウィンブルドン男子ダブルスで、ネナド・ジモニッチ(当時セルビア・モンテネグロ国籍)とペアを組んで初めての決勝戦に進んだが、ウィンブルドン男子ダブルス3連覇を狙ったトッド・ウッドブリッジ(オーストラリア)&ヨナス・ビョークマン(スウェーデン)組に 1-6, 4-6, 6-4, 4-6 で敗れ、最初のチャンスを逃した。2005年の全仏オープン男子ダブルスで、同じオーストリアのユルゲン・メルツァーと組んでベスト8に入る。ノールとメルツァーは、2007年春まで大部分のトーナメントでコンビを組んだ。2007年4月のモンテカルロ・マスターズで、ノールは初めてシーモン・アスペリン(スウェーデン)とコンビを組んだ。これを契機にアスペリンと組む機会が増え、2007年全米オープンで4大大会男子ダブルス初優勝を決めた。2人は全米決勝でチェコペアのルーカス・ドロウヒー&パベル・ビズネル組を 7-5, 6-4 で破り、ノールは2004年ウィンブルドン以来のチャンスをものにした。優勝した時はノールとアスペリンの両選手とも33歳で、遅い年齢での優勝だった。ノールとアスペリンは2008年末までペアを組み続けたが、同年10月末のパリ・マスターズを最後にペアを解消した。2008年の北京五輪で、ノールは34歳にして初のオリンピック代表選手に選ばれた。オーストリア代表選手としてユルゲン・メルツァーと組み、男子ダブルス2回戦でアメリカ代表のボブ・ブライアン&マイク・ブライアン組に 6-7, 4-6 で敗れた。2009年、メルツァーとのコンビで年間2勝を挙げた。
rdfs:label
  • ユリアン・ノール
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of