Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ユライ・ヴァルチュハ(Juraj Valčuha、英: Juraj Valcuha、1976年 - )は、スロバキア出身の指揮者。ブラチスラヴァで民俗音楽の演奏家を父親として生まれ、幼い頃から親しんでいたツィンバロムや、作曲、指揮を地元の音楽院で学んだ後、1995年から2年間サンクトペテルブルク音楽院に留学し、イリヤ・ムーシンに教えを受けた。その後1998年から2002年までパリ音楽院で学び、ヤーノシュ・フュルストに師事した他、ヨルマ・パヌラのマスタークラスへの参加やフランス・ユース管弦楽団でのエマニュエル・クリヴィヌのアシスタントなどで研鑽を積んだ。2003年にフランス国立管弦楽団にデビューした後、暫くフランス国内のオーケストラや歌劇場で活動していたが、2005年ごろからはドイツやイタリア、2007年のシーズンからは北欧やイギリス、アメリカなどにも活動範囲が広がり、2009年にはRAI国立交響楽団の首席指揮者に就任した。2011年10月8日、ベルナルト・ハイティンクの急病に伴う代役として、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の定期演奏会に出演。これまでにフィルハーモニア管弦楽団、ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団、ピッツバーグ交響楽団、ゲヴァントハウス管弦楽団、ロサンゼルス・フィルハーモニック、シュターツカペレ・ドレスデンなどのオーケストラに客演した他、リヨン国立オペラ、バイエルン国立歌劇場、ベルリン・ドイツ・オペラ、フェニーチェ劇場などで『青ひげ公の城』、『ラ・ボエーム』、『蝶々夫人』、『フィガロの結婚』などを指揮している。キャリアの初期にフランス国立管弦楽団とドメニコ・アラレオーナの『ミッラ』を録音している他、ザールブリュッケン・カイザースラウテルン・ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団でのコンサートの模様が映像化されている。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2102766 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1319 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 46 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51571034 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ユライ・ヴァルチュハ(Juraj Valčuha、英: Juraj Valcuha、1976年 - )は、スロバキア出身の指揮者。ブラチスラヴァで民俗音楽の演奏家を父親として生まれ、幼い頃から親しんでいたツィンバロムや、作曲、指揮を地元の音楽院で学んだ後、1995年から2年間サンクトペテルブルク音楽院に留学し、イリヤ・ムーシンに教えを受けた。その後1998年から2002年までパリ音楽院で学び、ヤーノシュ・フュルストに師事した他、ヨルマ・パヌラのマスタークラスへの参加やフランス・ユース管弦楽団でのエマニュエル・クリヴィヌのアシスタントなどで研鑽を積んだ。2003年にフランス国立管弦楽団にデビューした後、暫くフランス国内のオーケストラや歌劇場で活動していたが、2005年ごろからはドイツやイタリア、2007年のシーズンからは北欧やイギリス、アメリカなどにも活動範囲が広がり、2009年にはRAI国立交響楽団の首席指揮者に就任した。2011年10月8日、ベルナルト・ハイティンクの急病に伴う代役として、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の定期演奏会に出演。これまでにフィルハーモニア管弦楽団、ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団、ピッツバーグ交響楽団、ゲヴァントハウス管弦楽団、ロサンゼルス・フィルハーモニック、シュターツカペレ・ドレスデンなどのオーケストラに客演した他、リヨン国立オペラ、バイエルン国立歌劇場、ベルリン・ドイツ・オペラ、フェニーチェ劇場などで『青ひげ公の城』、『ラ・ボエーム』、『蝶々夫人』、『フィガロの結婚』などを指揮している。キャリアの初期にフランス国立管弦楽団とドメニコ・アラレオーナの『ミッラ』を録音している他、ザールブリュッケン・カイザースラウテルン・ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団でのコンサートの模様が映像化されている。
rdfs:label
  • ユライ・ヴァルチュハ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of