Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ユストゥス・リプシウス(Justus Lipsius, 1547年10月18日 - 1606年3月23日)はフラマン人の文献学者、人文学者。古代ストア主義の再興のためにキリスト教と対照するかたちでの著書を多く残している。なかでもよく知られているのが De Constantia(不動心について)である。リプシウスのストア学に対する取り組みは同時代の多くの思想家に影響を与え、新ストア主義の興隆につながっていった。またリプシウスはイェーナ、ライデン、ルーヴェンの大学で教壇に立っていたこともある。理知に従った行動、自己責任、感情の抑制、争う用意を持つ理想的な市民についてのリプシウスの思想は宗教改革の嵐のなかで広く受け入れられていった。このようなリプシウスの考察は政治の分野にも取り入れられ、国家と統治組織の合理化、君主による専制支配、被支配者に対する統制、強力な軍事防衛力をもたらし、これらの理念は初期近代国家の基礎となった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1759592 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4680 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 58 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51280408 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:article
  • Justus Lipsius
prop-ja:url
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ユストゥス・リプシウス(Justus Lipsius, 1547年10月18日 - 1606年3月23日)はフラマン人の文献学者、人文学者。古代ストア主義の再興のためにキリスト教と対照するかたちでの著書を多く残している。なかでもよく知られているのが De Constantia(不動心について)である。リプシウスのストア学に対する取り組みは同時代の多くの思想家に影響を与え、新ストア主義の興隆につながっていった。またリプシウスはイェーナ、ライデン、ルーヴェンの大学で教壇に立っていたこともある。理知に従った行動、自己責任、感情の抑制、争う用意を持つ理想的な市民についてのリプシウスの思想は宗教改革の嵐のなかで広く受け入れられていった。このようなリプシウスの考察は政治の分野にも取り入れられ、国家と統治組織の合理化、君主による専制支配、被支配者に対する統制、強力な軍事防衛力をもたらし、これらの理念は初期近代国家の基礎となった。
rdfs:label
  • ユストゥス・リプシウス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of