Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ユスティニアヌス1世(ラテン語: Justinianus I, 483年 - 565年11月14日)は、東ローマ帝国ユスティニアヌス王朝の第2代皇帝(在位:527年 - 565年)。正式名は、フラウィウス・ペトルス・サッバティウス・ユスティニアヌス(Flavius Petrus Sabbatius Iustinianus)。後世「大帝」とも呼ばれたように、古代末期における最も重要な人物の一人である。その治世は東ローマ帝国史における画期的な時代をなし、当時の帝国の版図を押し広げた。これは、野心的だが最終的には失敗した「帝国の再建」(renovatio imperii)に特徴づけられる。この野望はローマを含む西ローマ帝国の領土を部分的に回復したことに表される。しかしその栄光の時代も、543年の黒死病(ユスティニアヌスのペスト)が終わりの印となった。帝国は領土的縮小の時代に入り、9世紀まで回復することはなかった。ユスティニアヌスの遺産のより重要な側面は、ローマ法を統合して書き直した『ローマ法大全』(Corpus Iuris Civilis)であり、これは多くの現代国家の大陸法の基礎であり続けている。彼の治世はまた初期ビザンティン文化の興隆にも印され、彼の建築事業はハギア・ソフィア大聖堂のような傑作を生みだし、これは800年以上にわたって東方正教会の中心となった。東方正教会では聖者と見なされており、ルーテル教会の一部からも祝福されている。反対に同時代のプロコピオスはユスティニアヌスを「残忍で強欲そして無能な統治者」として見ていた。ユスティニアヌス1世の治世に関する主な史料は、歴史家プロコピオスが提供している。散逸したシリア語によるエフェソスのヨハネスの年代記は後代の年代記の史料となり、多くの付加的な詳細を知ることに貢献している。この2人の歴史家は、ユスティニアヌスと皇后テオドラに対して非常に辛辣である。また、プロコピオスは『秘史』(Anekdota)を著しており、ここではユスティニアヌスの宮廷における様々なスキャンダルが述べられている。ほかの史料としては、アガティアス (Agathias) 、メナンデル・プロテクトル (Menander Protector) 、ヨハネス・マララス (John Malalas) 、復活祭年代記 (Chronicon Paschale) 、マルケリヌス・コメス (Marcellinus Comes) 、トゥンヌナのウィクトル (Victor of Tunnuna) が挙げられる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 28933 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 35063 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 449 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55801288 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:alternativeNames
  • Justinian the Great; Flavius Petrus Sabbatius Justinianus; Φλάβιος Πέτρος Σαββάτιος Ιουστινιανός
prop-ja:dateOfBirth
  • 482 (xsd:integer)
prop-ja:dateOfDeath
  • 13 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • Justinian I
prop-ja:placeOfBirth
  • :en:Tauresium, province of Illyricum
prop-ja:placeOfDeath
  • Constantinople
prop-ja:shortDescription
  • Roman Emperor
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:人名
  • ユスティニアヌス1世
prop-ja:全名
  • フラウィウス・ペトルス・サッバティウス・ユスティニアヌス
prop-ja:出生日
  • --05-11
prop-ja:別号
prop-ja:君主号
  • 東ローマ皇帝
prop-ja:在位
  • --08-01
prop-ja:埋葬日
  •  
prop-ja:死亡日
  • 0565-11-14 (xsd:date)
prop-ja:母親
  • ウィギランティア
prop-ja:没地
prop-ja:父親
  • サッバティウス
prop-ja:王朝
prop-ja:生地
  • 東ローマ帝国、州
prop-ja:画像
  • Meister von San Vitale in Ravenna 004.jpg
prop-ja:画像サイズ
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
  • ユスティニアヌス1世のモザイク画(ラヴェンナ・サン・ヴィターレ聖堂)
prop-ja:配偶者
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ユスティニアヌス1世(ラテン語: Justinianus I, 483年 - 565年11月14日)は、東ローマ帝国ユスティニアヌス王朝の第2代皇帝(在位:527年 - 565年)。正式名は、フラウィウス・ペトルス・サッバティウス・ユスティニアヌス(Flavius Petrus Sabbatius Iustinianus)。後世「大帝」とも呼ばれたように、古代末期における最も重要な人物の一人である。その治世は東ローマ帝国史における画期的な時代をなし、当時の帝国の版図を押し広げた。これは、野心的だが最終的には失敗した「帝国の再建」(renovatio imperii)に特徴づけられる。この野望はローマを含む西ローマ帝国の領土を部分的に回復したことに表される。しかしその栄光の時代も、543年の黒死病(ユスティニアヌスのペスト)が終わりの印となった。帝国は領土的縮小の時代に入り、9世紀まで回復することはなかった。ユスティニアヌスの遺産のより重要な側面は、ローマ法を統合して書き直した『ローマ法大全』(Corpus Iuris Civilis)であり、これは多くの現代国家の大陸法の基礎であり続けている。彼の治世はまた初期ビザンティン文化の興隆にも印され、彼の建築事業はハギア・ソフィア大聖堂のような傑作を生みだし、これは800年以上にわたって東方正教会の中心となった。東方正教会では聖者と見なされており、ルーテル教会の一部からも祝福されている。反対に同時代のプロコピオスはユスティニアヌスを「残忍で強欲そして無能な統治者」として見ていた。ユスティニアヌス1世の治世に関する主な史料は、歴史家プロコピオスが提供している。散逸したシリア語によるエフェソスのヨハネスの年代記は後代の年代記の史料となり、多くの付加的な詳細を知ることに貢献している。この2人の歴史家は、ユスティニアヌスと皇后テオドラに対して非常に辛辣である。また、プロコピオスは『秘史』(Anekdota)を著しており、ここではユスティニアヌスの宮廷における様々なスキャンダルが述べられている。ほかの史料としては、アガティアス (Agathias) 、メナンデル・プロテクトル (Menander Protector) 、ヨハネス・マララス (John Malalas) 、復活祭年代記 (Chronicon Paschale) 、マルケリヌス・コメス (Marcellinus Comes) 、トゥンヌナのウィクトル (Victor of Tunnuna) が挙げられる。
rdfs:label
  • ユスティニアヌス1世
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:footer of
is prop-ja:partof of
is prop-ja:元首等氏名 of
is foaf:primaryTopic of