Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ヤーン・テラー効果(ヤーン・テラーこうか、英: Jahn-Teller effect)またはヤーン・テラー変形(ヤーン・テラーへんけい、英: Jahn-Teller distortion)は、特定の状況下で非線形分子の構造が歪む現象のことである。この電子的な作用は、電子的に縮退した非線形分子は安定ではありえないということを群論を用いて証明したハーマン・ヤーンとエドワード・テラーにちなんで名付けられた。この効果は、電子的に縮退した基底状態をもつあらゆる非線形分子は変形によって錯体のエネルギーが下がるため、縮退が解けるような幾何学的変形を受けるであろうと述べている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 573161 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5929 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 35 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53424410 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ヤーン・テラー効果(ヤーン・テラーこうか、英: Jahn-Teller effect)またはヤーン・テラー変形(ヤーン・テラーへんけい、英: Jahn-Teller distortion)は、特定の状況下で非線形分子の構造が歪む現象のことである。この電子的な作用は、電子的に縮退した非線形分子は安定ではありえないということを群論を用いて証明したハーマン・ヤーンとエドワード・テラーにちなんで名付けられた。この効果は、電子的に縮退した基底状態をもつあらゆる非線形分子は変形によって錯体のエネルギーが下がるため、縮退が解けるような幾何学的変形を受けるであろうと述べている。
rdfs:label
  • ヤーン・テラー効果
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of