Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ヤールンサクサ (Jarnsaxa) は、土星の衛星のひとつ。北欧群に属する。スコット・S・シェパード、デビッド・C・ジューイット、ブライアン・マースデン、ジャン・クレイナらにより2006年1月5日~4月29日の間の観察により、その存在が2006年6月26日に発表された。土星からの平均距離は約18,556,900km。 直径約6kmの岩塊である。軌道傾斜角は、162.9°、離心率は0.1918、公転周期は943.78日で逆行している。仮符号はS/2006 S 6。国際天文学連合が名称を発表したのは2007年9月20日である。名前の由来は、北欧神話に登場する女巨人ヤールンサクサである。
dbpedia-owl:colour
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1025433 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1789 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 31 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 48545182 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:仮符号・別名
  • 仮符号 S/2006 S6
  • 別名 Saturn L
prop-ja:和名
  • ヤールンサクサ
prop-ja:大気圧
  • なし
prop-ja:発見日(または、発見年)_
  • 2006 (xsd:integer)
prop-ja:発見者
prop-ja:直径
  • 6 (xsd:integer)
prop-ja:
  • 衛星
prop-ja:英名
  • Jarnsaxa
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ヤールンサクサ (Jarnsaxa) は、土星の衛星のひとつ。北欧群に属する。スコット・S・シェパード、デビッド・C・ジューイット、ブライアン・マースデン、ジャン・クレイナらにより2006年1月5日~4月29日の間の観察により、その存在が2006年6月26日に発表された。土星からの平均距離は約18,556,900km。 直径約6kmの岩塊である。軌道傾斜角は、162.9°、離心率は0.1918、公転周期は943.78日で逆行している。仮符号はS/2006 S 6。国際天文学連合が名称を発表したのは2007年9月20日である。名前の由来は、北欧神話に登場する女巨人ヤールンサクサである。
rdfs:label
  • ヤールンサクサ (衛星)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of