Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ヤヌスグリーン (janus green) とは、分子生物学や生化学の試験研究で用いられる色素の一種。ミトコンドリアの染色に用いられる。フェナジン構造とアゾベンゼンの構造を持ち、分子式は C30H31N6Cl、CAS登録番号は [2869-83-2]。酸素のある環境下では酸化されて青に、そうでなければ還元されてピンク色に発色する。
dbpedia-owl:casNumber
  • 2869-83-2
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1016319 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 870 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 24 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55413170 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:cas登録番号
  • 2869 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • ヤヌスグリーン
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:分子式
  • C30H31N6Cl
prop-ja:構造式
  • 300 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ヤヌスグリーン (janus green) とは、分子生物学や生化学の試験研究で用いられる色素の一種。ミトコンドリアの染色に用いられる。フェナジン構造とアゾベンゼンの構造を持ち、分子式は C30H31N6Cl、CAS登録番号は [2869-83-2]。酸素のある環境下では酸化されて青に、そうでなければ還元されてピンク色に発色する。
rdfs:label
  • ヤヌスグリーン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ヤヌスグリーン
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of