Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ヤクーツク空港 ( サハ語: Дьокуускай Аэропорт, ロシア語: Аэропо́рт Яку́тск) (IATA: YKS, ICAO: UEEE) はロシア連邦のヤクーツクに位置する空港。一本の滑走路を持ち、一時間当たりの滑走路容量は700人である。(古い滑走路は、使用されなくなった航空機の駐機場となっている。) ヤクーチヤ航空やサハ・アビア(Sakha Avia)を含む、コミューター航空会社5社のハブ空港となっている。1931年に空港の建設が始まり、第二次大戦中はアメリカの飛行機がヨーロッパへ向かう際に通ったルートALSIB(アラスカーシベリア間を結ぶ)の途中降機地点として使用された。現在の国際線ターミナルは1996年に建設されたものである。この空港は極圏航路Polar 4のダイバート地点となっている。ヤクーツクのマガンに別の、より小さな空港がある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3079463 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5408 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 76 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57119377 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:cityServed
prop-ja:coordinatesRegion
  • RU-SA
prop-ja:elevationM
  • 99 (xsd:integer)
prop-ja:footnotes
  • 出典:GCM, STV
prop-ja:hub
prop-ja:iata
  • YKS
prop-ja:icao
  • UEEE
prop-ja:latd
  • 62 (xsd:integer)
prop-ja:latm
  • 5 (xsd:integer)
prop-ja:latns
  • N
prop-ja:lats
  • 36 (xsd:integer)
prop-ja:location
  • ロシア連邦サハ共和国、ヤクーツク
prop-ja:longd
  • 129 (xsd:integer)
prop-ja:longew
  • E
prop-ja:longm
  • 46 (xsd:integer)
prop-ja:longs
  • 14 (xsd:integer)
prop-ja:metricElev
  • y
prop-ja:metricRwy
  • y
prop-ja:name
  • ヤクーツク空港
prop-ja:nativenameA
  • /
prop-ja:operator
  • Yakutsk Airport State Enterprise
prop-ja:pushpinLabel
  • YKS
prop-ja:pushpinLabelPosition
  • top
prop-ja:pushpinMap
  • Russia
prop-ja:pushpinMapCaption
  • ロシア内での位置
prop-ja:pushpinMapsize
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:r1LengthM
  • 2500 (xsd:integer)
prop-ja:r1Number
  • 5 (xsd:integer)
prop-ja:r1Surface
  • コンクリート
prop-ja:r2LengthM
  • 3400 (xsd:integer)
prop-ja:r2Number
  • 5 (xsd:integer)
prop-ja:r2Surface
  • アスファルト
prop-ja:type
  • 商業
prop-ja:website
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ヤクーツク空港 ( サハ語: Дьокуускай Аэропорт, ロシア語: Аэропо́рт Яку́тск) (IATA: YKS, ICAO: UEEE) はロシア連邦のヤクーツクに位置する空港。一本の滑走路を持ち、一時間当たりの滑走路容量は700人である。(古い滑走路は、使用されなくなった航空機の駐機場となっている。) ヤクーチヤ航空やサハ・アビア(Sakha Avia)を含む、コミューター航空会社5社のハブ空港となっている。1931年に空港の建設が始まり、第二次大戦中はアメリカの飛行機がヨーロッパへ向かう際に通ったルートALSIB(アラスカーシベリア間を結ぶ)の途中降機地点として使用された。現在の国際線ターミナルは1996年に建設されたものである。この空港は極圏航路Polar 4のダイバート地点となっている。ヤクーツクのマガンに別の、より小さな空港がある。
rdfs:label
  • ヤクーツク空港
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:ハブ空港 of
is foaf:primaryTopic of