Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ヤクブ・ベクの乱(ヤクブ・ベクのらん)は、清末の1860年代から1870年代にかけての、東トルキスタン(現在の新疆ウイグル自治区)をめぐる戦乱。ムスリムの蜂起の結果、ヤクブ・ベクによって東トルキスタンは統一されたが、最終的にヤクブ・ベクは清の左宗棠に敗れ、ヤクブ・ベクが臣下に殺されることで崩壊した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1151005 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 14202 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 251 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57532479 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • ヤクブ・ベク
prop-ja:casualties
  • 総死亡者: 8,000,000人 -12,000,000人(市民、兵士双方を含む)
prop-ja:combatant
prop-ja:commander
prop-ja:conflict
  • ヤクブ・ベクの乱
prop-ja:date
  • 1862 (xsd:integer)
prop-ja:place
prop-ja:result
  • 清の勝利
prop-ja:strength
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ヤクブ・ベクの乱(ヤクブ・ベクのらん)は、清末の1860年代から1870年代にかけての、東トルキスタン(現在の新疆ウイグル自治区)をめぐる戦乱。ムスリムの蜂起の結果、ヤクブ・ベクによって東トルキスタンは統一されたが、最終的にヤクブ・ベクは清の左宗棠に敗れ、ヤクブ・ベクが臣下に殺されることで崩壊した。
rdfs:label
  • ヤクブ・ベクの乱
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of