Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ヤクト・ドーガ (JAGD DOGA) は、「ガンダムシリーズ」の宇宙世紀系作品群に登場する架空の有人操縦式ロボット兵器。初出は1988年公開のアニメーション映画『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(逆シャア)。人型機動兵器「モビルスーツ」(MS)の1機種。新生ネオ・ジオン軍の主力量産機「ギラ・ドーガ」の発展型で、特殊な能力を持つ「ニュータイプ」および「強化人間」用に開発された試作機という設定。当初はネオ・ジオン総帥「シャア・アズナブル」の専用機となるはずだったが、性能不足からこの役目を「サザビー」に譲り、完成した2機の試作機は部下の強化人間「ギュネイ・ガス」とニュータイプの少女「クェス・パラヤ」(クェス・エア)にそれぞれ与えられた。ギュネイ機は緑と金、クェス機は赤と銀に塗装され、一部形状と武装も異なるが、性能的な違いはない。劇中でギェネイ機は主人公アムロ・レイが搭乗する「νガンダム」に撃墜されるが、クェス機は損傷しつつも残存し、『逆シャア』の後の時代を描いたOVA版『機動戦士ガンダムUC』では、修復と塗装の変更を受けた姿で再登場する。なお、クェス本人は『逆シャア』で死亡するため、パイロットは別の人物が務めている。メカニックデザインは出渕裕が担当。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 110741 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6361 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 73 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59040101 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:その他
  • アポジモーター×17
prop-ja:センサー
  • 20500 (xsd:integer)
  • 16,400m
prop-ja:全備重量
  • 65.200000 (xsd:double)
  • 48.3
  • 64.6
prop-ja:出力
  • 3110 (xsd:integer)
  • 3340 (xsd:integer)
prop-ja:名称
  • JAGD DOGA
  • バギ・ドーガ
  • ヤクト・ドーガ
prop-ja:型式番号
  • MSN-03
  • MSN-X4
prop-ja:所属
  • ネオ・ジオン
prop-ja:推力
  • 13000 (xsd:integer)
  • 17000 (xsd:integer)
  • (総推力)76,000kg(「袖付き」仕様)
  • (総推力)82,000kg
prop-ja:搭乗者
prop-ja:武装
  • 4 (xsd:integer)
  • dbpedia-ja:銃剣
  • ミサイル
  • ビーム・マシンガン(「袖付き」仕様)
  • ファンネル×6(ギュネイ機、クェス機)
  • ビーム・アサルトライフル(ギュネイ機)
  • スプゥン・ビット×8
  • ヒート・ナイフ付ビーム・サーベル
  • ファンネル×2(「袖付き」仕様)
  • メガ・ガトリングガン(クェス機)
  • モビル・ビット×2
prop-ja:生産形態
  • 試作機
prop-ja:装甲
prop-ja:重量
  • 28.600000 (xsd:double)
  • 28.0
  • 21.7
prop-ja:頭頂高
  • 18.500000 (xsd:double)
  • 21.0m
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ヤクト・ドーガ (JAGD DOGA) は、「ガンダムシリーズ」の宇宙世紀系作品群に登場する架空の有人操縦式ロボット兵器。初出は1988年公開のアニメーション映画『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(逆シャア)。人型機動兵器「モビルスーツ」(MS)の1機種。新生ネオ・ジオン軍の主力量産機「ギラ・ドーガ」の発展型で、特殊な能力を持つ「ニュータイプ」および「強化人間」用に開発された試作機という設定。当初はネオ・ジオン総帥「シャア・アズナブル」の専用機となるはずだったが、性能不足からこの役目を「サザビー」に譲り、完成した2機の試作機は部下の強化人間「ギュネイ・ガス」とニュータイプの少女「クェス・パラヤ」(クェス・エア)にそれぞれ与えられた。ギュネイ機は緑と金、クェス機は赤と銀に塗装され、一部形状と武装も異なるが、性能的な違いはない。劇中でギェネイ機は主人公アムロ・レイが搭乗する「νガンダム」に撃墜されるが、クェス機は損傷しつつも残存し、『逆シャア』の後の時代を描いたOVA版『機動戦士ガンダムUC』では、修復と塗装の変更を受けた姿で再登場する。なお、クェス本人は『逆シャア』で死亡するため、パイロットは別の人物が務めている。メカニックデザインは出渕裕が担当。
rdfs:label
  • ヤクト・ドーガ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of